地方の過疎化が進み、人がほとんどいない地区や島が増えると、そこは野生生物があふれ、元の自然の姿に戻るということはありますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いずれそうなるんでしょうね。

お礼日時:3/7 11:45

その他の回答(2件)

0

福島原発周辺の立ち入り禁止区域にイノシシ、サル、シカなどの野生動物 が歩き回っています。人が住んでいたことで住宅街には入り込めなかった ことが分かります。 またウシ、イヌ、ブタ等も野生化しています。餌を与えられなくても自ら 食料を探し生き延びており、自然に順応しています。

1

そうはなりません。 なぜならば、いくら人がいなくなっても、動物の住める環境には戻らないってことです。 山は雑木を切り倒し植樹したスギやヒノキばかりで、動物の食べる木の実や葉っぱの樹木は生えません。 今は人間の畑の野菜などを食べて生きてる野生動物も、人が耕作を放棄して草ぼうぼうとなって畑に野菜が無くなれば、食べるものが無くなるからです。

1人がナイス!しています