小学4年生 立法体と直方体 算数

画像

算数10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お世話になっております。いつも分かりやすい解説をして頂きありがとうございます。早速、子供に教えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:3/5 6:21

その他の回答(2件)

0

(1)について ①図形の周囲の長さをアイウで表す。 一番上の辺がイでそこから時計周りでアアウウイウウアウイイウア アが4つ、イが4つ、ウが6つです。 イはア+3なので、置き換えるとアが8こ,ウが6こ、と12cm この合計が62cm 組み立てた後の辺の長さはアイウとも4つずつ、 イはア+3なので、置き換えるとアが8こ、ウが4こ、と12cm この合計が56cm ②この二つの式を比べると式の差は、ウ2個分で合計の差は6cm、つまりウは3cm (2)周囲の長さはアが8こ,ウが6こ、と12cmなのでウが3cmなら、 アが8こと6x3cmと12cmの合計が62cmだからア8個は32cm アは4cm イはア+3だから7cm Aの面積は4×7で28㎠

0

実際に紙で作ってみてどことどこがくっつくのかやって見せたらどうでしょうか?