回答(3件)

0

>この式って何を表してるんですか? 「この式」が、どの行の式を指すか不明なので、全体について説明する。 この文が何らかのプログラム言語で書かれているか、疑似言語で書かれているか不明だが、whileが管理するループ範囲は、「y+=x」の行までと見なす。 「x=1」・・・whileで始まるループ内を実行できるように、条件「x>0」を満たす値をxにセット。この1はyには加算されない。 「y=0」・・・関数inputで受け取ったxを累積する変数がyなので、yをゼロクリアしておく 「while x>0:」・・・xが0より大ならループ内の処理を実行する。xが0以下なら、ループの次の処理を実行する 「 x=int(input("x="))」・・・・文字「x=」を入力要求として表示し、数値の入力を受け取り、その値がreturn値として返され、型変換int()で整数化され、変数xにセットされる。 入力が0以下でも、その値はxにセットされる。 「 y+=x」・・・yにxを加算する。xが0以下でも、yに加算している。 「print(y)」・・・・・y値をプリントする

0

range関数で何かするのかな? 切れちゃってるからよく分らない。

0

x = int(input("x=")) の式? input("x=") 「x=」とプロンプトを表示して入力を促し、 int( ) 入力されたものを整数に変換し、 x = 変数xに代入している。