ID非公開

2021/3/6 7:25

1010回答

レコードの針ってなぜあんなに高いのですか? 20万30万は当たり前ですよね、 それだけ製造コストが掛かっているように思えません。

オーディオ | クラシック582閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/6 9:59

新潟といえば長谷弘工業 頑張っていますね^^ まじでバックロードホーンの箱を買おうかと問い合わせしました そうすると丁寧な対応で好感ですよ そういう土地柄で培われているのでしたら信用おけますね 四半期ごとに出張に行く機会がありますので時間の都合を付けて立ち寄りたいです

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 とても勉強になりました

お礼日時:3/10 20:50

その他の回答(9件)

4

趣向品に高い安いは、野暮ですよ~。 趣向品ってのは、一部の人向け何でそもそも供給量が少ない 少ない供給量で製造するには、コストが掛かる 結果、高くなる それだけのお話。 供給量が多いモノは、まとめて作れるので価格も抑えられる。 最近の舶来は、更に限定プレミアと合わせて販売してます バンデンハル160万 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1168041.html オルトフォン108万 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1199862.html 高いから、必ず音が良いとかは無く一期一会も有ります オデオって趣向品なので、金満=音が必ず良い訳では無いですよ~。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/6 17:35

仰りたいことは十分に理解しています 私も... 沼にどっぷり嵌まってスピーカーやアンプなど100万円単位の投資しましたw ただ、最近の機器でいえばDAC これと比べて物量投資に値しない針があまりにも高すぎます

3

確かに今のカートリッジは高額商品が有るのは事実です。 その前に質問者は針の交換と有りますが、他の方の言われているようにタイプの違いが有ります。 かってもMCタイプのもの、良く皆さんが知っておられるオルトフォンなどは結構な金額でした。 とはいえ近年の金額は高すぎるのも事実です。 これを単に趣味の製品だから単純に納得出来ないです。 小さいものだから、そんなに金額が高くなるのは納得出来ないというような気持ちがありますね。 ある意味に、宝石よりも高いのかも知れません。 高額になる要因としては ・高額な材料を使用している。(ダイヤモンドばかりで無く) ・開発費が上乗せされている ・制作が難しい が考えられますが、では原価はどのくらいなのかはどうなのでしょうか。 オーディオ製品であるので商品の魅力はやはり音が基本のはずです。 とはいえ40万のカートリッジを使用される方の装置、こうなると少なくとも10倍以上の金額をオーディオにつぎ込める方はさほど多くは無いかも知れません。 商品の性質からして視聴して購入が難しい製品です。 けれどそれなりに制作される方がいるのは、購入される方もいるのでしょう。 もう一つの要因は、レコードブームがあるのではないでしょうか。 レコードが失われていない、音も良い、お金をかければ良い音が得られる、ここにつきるのではないでしょうか。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/6 17:30

的を射ている回答ありがとうございます。 価格に見合うだけの音質 とても重要だと思いますが、こういう情報を見かけることはありません 私のようなにわか者にとって危険な香りがプンプンで 投資出来ずに眺めているだけ、 まんじゅう怖いの心境です^^

2

針先に貴金属が使われている。 ダイヤモンド・プラチナなど。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/6 10:31

回答ありがとうございます。 貴金属が使われているんですか、 それじゃあ高いですよね^^

1

昔、といっても30年以上も前ですが、とてもよいMCカートリッジを、定価4万円くらいのところ、2万円で買っていました。今あるAudio Technica AT-33SAの、かなり前の世代の製品ですね。 それくらいでいいんですよ。

1人がナイス!しています

3

レコード針というかカートリッジの事ですね? 20万円、30万円というのは正直ぼったくりです。 カートリッジだけではなく欧米ブラントのオーディオにおける常套手段です。 妥当な価格はMC、MM共に5000~5万円くらいでしょう。 MM型のように針付きカンチレバーが交換できる場合は針の材料や形に種類があったりしますが、純正の針はカートリッジにより決まってます。 ただ名機と言われるカートリッジそのものが生産中止になってるのも多いので 純正針のOEM供給してるメーカーや新規参入メーカーが交換針を出してます。 下の回答にあるよう確かに丸針や楕円針やサファイア等でてますが オリジナルの音とは変わりますね。 お持ちのMC型(ムービングコイル)のカートリッジは構造的にカンチレバーが交換できないので針交換=カートリッジ交換になりますから針の種類は選べませんね。 カートリッジに関して詳しいサイトがありました。 特にサテンのカートリッジについては是非読んで欲しいです https://audio.kaitori8.com/topics/cartridge-type/

画像

3人がナイス!しています