ここから本文です

柿のヘタ虫の退治法を教えて下さい。ヘタ虫にやられて2年続けて不作です。富有柿...

iroirosiritaihitoさん

2009/3/1111:54:13

柿のヘタ虫の退治法を教えて下さい。ヘタ虫にやられて2年続けて不作です。富有柿です。物の本に木の皮を削るとよいとあり、実行しましたが効果はありませんでした。

冬に段ボールを幹に巻きつけ、春先に外してみましたが虫が住んでいるようには見えませんでした。

閲覧数:
123,118
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mikenekobabaさん

編集あり2009/3/1221:37:40

【カキノヘタムシガの防除方法】
<1>生態と被害
①この虫は、柿などの樹皮のすき間などに繭を作って越冬する。成虫は5月下~6月上旬に羽化し、柿の実に産卵します。
②幼虫は、はじめヘタを食害し、大きくなるとヘタと果実のすき間から果心部を食べ、食害された果実は落果し、7月中~下旬に蛹になります。
③8月上~中旬に2回目(第2世代)の成虫が羽化し、また産卵を行い、この卵から産まれた幼虫が蛹になって越冬します。
④“カキノヘタムシガ”に食害された果実のほとんどが落果し、2世代目の被害果は、9~10月に熟柿になり落果します。
⑤6月の第1世代による被害は、仕上げ摘果前に加害するので大きな被害とはならない。しかし、第2世代は仕上げ摘果が終わった8月に加害するので、甚大な被害となる。
<2>防除法
『耕種的防除』
①粗皮剥ぎ…冬の間に、粗皮剥ぎを行い、樹皮のすき間にある卵を削り落とす。
②誘因バンド…幼虫が蛹になる前の10月に、幹にむしろやわら縄を巻き付けて誘引し、冬に取り外し燃やす。
『薬剤防除』
①防除時期…6月中旬と8月下旬
家庭果樹では、8月下旬の1回散布だけでも、十分な効果がある。
②防除薬剤
1)BT剤 : ゼンターリ顆粒、ダイポール水和剤、トアローなど
http://wiki.tenteki.org/index.php?BT%BA%DE
☆“カイコ”の病気の病原菌(バチルスチューリンゲンシス)の生菌や死菌毒素が主成分の『生物農薬』です。
人畜無害なので、庭先の人が多いところでも安心して使えます。
また、この農薬は、「蝶・蛾類」の害虫(イラガやケムシ、イモムシ、アオムシ、シンクイムシなど)に効果があります。
「カメムシやアブラムシなど」蝶や蛾類以外の虫には、効果がありません。
2)ノーモルト乳剤1000~2000倍
☆この農薬は、昆虫の脱皮を阻害して殺虫し、蝶・蛾類だけにしか効果がありません。
天敵昆虫や人畜への影響が少ない農薬です。
3)コテツフロアブル…2000~4000倍(劇物)
イラガ、アザミウマ類にも効果があります。
4)パダン水溶剤…1500倍(劇物)
イラガ、アザミウマ類にも効果があります。
※※段ボールの穴の中に蛹がいる可能性があるので、園内に置いたままにしないで消却しましょう。

<追信>
「ヘタムシガ」とまちがいやすいのが「たんそ病」の被害です。
たんそ病は、雨が多い年に発生が多くなり、黒くて丸い大きな斑点ができて、熟柿になり落果するので見分けられます。
<防除時期>
夏から秋口(8~9月)に雨が多いときに、防除を行います。
<防除薬剤>
ICボルドー4-12またはオンリーワンフロアブル、ストロビードライフロアブル、ベルクート水和剤、スコア顆粒水和剤を散布します。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「柿の木の消毒」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kannnokumoさん

2009/3/1112:07:24

有機栽培されているのでしたら無理かも知れませんが、スミチオンでの消毒が一番有効です。
地域のよって違いますが、春と夏の二度散布すると大丈夫です。
殺虫剤ですから、夏散布での残留成分は気にせずに収穫できます。
参考までに。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。