ID非公開

2021/3/22 9:45

22回答

国保の保険証の、色の表現についてです。

補足

ごめんなさい、「コスモス色から、そら色へ」でした。 でもコスモスも色んな色があるのにな?と思います。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/3/22 18:26

検索した限りですが、私の住んでいる県の他、遠く離れた他の自治体でも「うぐいす色」や「藤色」「空色」などの表現がされているようです(もちろん「ピンク色」などの表現も見られます)。 ピンクではなくわざわざコスモスとする理由が知りたいです。 ご回答ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解決はしませんでしたが、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:4/20 16:02

その他の回答(1件)

0

私も、地元の市の国民健康保険の加入者なので、内科医院や耳鼻科医院等、市内のかかりつけ医院の待合室にある、各種告知の掲示板を見ます。 それによれば、毎年11月更新(郵送では最低で9月下旬から、更新する地域あり)による、健康保険証。 昨年度つまり平成31年~令和元年度の健康保険証は、確かにピンク色でしたが、地元の市役所では「桃色(ピンク色)」として、告知してました。 今年度、つまり令和2年度の健康保険証は茶色なので、文字通り「茶色」と、告知してました。 それで、昨年の9月20日以降、かかりつけ医院の待合室の掲示板には、「健康保険証、前年度は桃色(ピンク色)の健康保険証でしたが、今年度は茶色の健康保険証としますので、9月20日以降順次、簡易書留扱いでの郵送で、交付します。 それで、配達等で受け取って頂いたら、有効期間前から有効として、病院での受診時に使用して頂くのは、可能です。 なお、前年度のピンク色(桃色)の健康保険証については、原則は市役所の担当窓口への持参か郵送で、返納して頂く様にお願い致します」的な内容で、告知する貼り紙を貼ってました。