新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/4/1 15:25

66回答

昨日付けで解雇されました。

補足

返金しないなら、離職票を送らないと言ってきました… 怒りと憎しみがわいてきました。

失業、リストラ | 労働問題193閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

返金もせず、離職票もゲットできました! ありがとうございました

お礼日時:4/2 16:55

その他の回答(5件)

1

労働基準法の内容より労働者に有利な取り決めは有効となります。 ですから、金額が明示されていて労働基準法第20条で規定されているより多い解雇予告手当を支払う約束があったのであれば、有効と解釈するのが妥当だと考えます。 一方で単に「平均賃金の30日分相当額」と書かれていたのであれば、実際の平均賃金の30日分と比較して差額を返還する義務があると考えます。

1人がナイス!しています

1

辞めちゃったら社長といえども赤の他人なので、「取りに来い」と言えばすむ話だよ。 振り込みに行けとか言われたら、「オレ、時間単価5,000円でやってるんで」って返事して、時間相当分の費用を差し引いてやれば良いんじゃあないの?

1人がナイス!しています

1

まぁ、法律的には返還が必要なんだろうけど、しばらく放置でいいんじゃない。 会社が間違って払った四万位 ガタガタいわないさ

1人がナイス!しています