回答受付が終了しました

そもそもなぜ、中国政府は昔から、ウィグル民族を厳しく弾圧するのでしょうか?

国際情勢 | 中国史239閲覧

回答(7件)

1

清朝に征服されたウィグル地区の支配は、中華民国、中共へと引き継がれた。 1966年、文化大革命が起こり、イスラム教礼拝堂の破壊や紅衛兵の乱暴狼藉でイスラム教徒は塗炭の苦しみを味あわされた。 独立を求める声が高まり、テロや衝突が頻発したので、中共は三毒(恐怖主義・分裂主義・宗教極端主義)克服方針を立てた。 2016年8月にチベット自治区から転任してきた陳全国がウイグル自治区党委員会書記に就任した。 陳は、戦時体制的司令塔を設けて情報統制し、イスラム的文化の徹底的消滅に取り組んだ。 「指揮部」が、個人情報・思想ファイル、公安情報、出入国情報、個々人の言動・行動記録・家族関係・友人関係等を、人工知能(AI)で分析し、三毒分子を選別した(2019年11月『ニューヨーク・タイムズ』リーク)。 被選別者や生ぬるい役人らは、強制収容所(職業技能教育培養訓練転化センター)に収容された。 被収容者は、華語教育と「中国化」教育(トルコ系ムスリムとして生まれたことを罪と認識し、身も心も中国人に生まれ変わるよう促す)を強要された。 被収容者の一部は厳格な管理の下に置かれたり、犯罪者として刑務所に送られた。 拷問による落命者も少なくなかった。 中国公民全員に身分証が交付され、凡ゆる個人情報が公安当局によって管理されており、公民が様々な原因によって死に至った場合の記録も、今やITによって瞬時に国家全体のデータとして反映されるが、他国の批判に備える隠蔽工作に思いが至らなかったのだろう。 今後、中共がこの統計を書き換え、ジェノサイドを「捏造」と主張する可能性は否定できない。 https://ncode.syosetu.com/n8719gt/31/

画像

1人がナイス!しています

2

中共は、紛争の種になる民族問題を国内に抱えたくないのです。 中国は他民族で構成されていますが、大きな民族は独立をしたくなるのが常です。これを抑え込むには、民族意識をなくすしかないと考えています。 東北部の満州人は、漢民族との同化が進んで民族問題の火種が小さくなりましたが、チベット人(チベット自治区)、モンゴル人(内蒙古自治区)、ウイグル人(新疆ウイグル自治区)等は、いつでも火種になるので、なんとかして同化させたいのです。 特にウイグル人は宗教がイスラム教で漢民族とは全く生活習慣が異なるので、強制的に民族浄化しないと駄目だと思っているのでしょう。 また、このほかにも北朝鮮の近くには朝鮮族の方がいますし、少数民族も沢山います。 ちなみに、チベット自治区、内蒙古自治区、新疆ウイグル自治区は、中共が不法に占領している地域です。いかにもこれらは中国の版図のように取り上げられますが、実際、これらの地域は漢民族が住んでいた地域では有りません。

2人がナイス!しています

1

過激派、テロリストが多いから、でしょう。ウイグル族だから、という理由での弾圧では無いと思われます。治安維持活動の一環と思われます。

1人がナイス!しています

1

中華人民共和国の多民族からなる国民構成 を単一民族化つまり全部、漢民族に、 してしまうことを夢想しているのでしょう。 それは何千年もの歴史ある歴代中華の 王朝でも達成されたことが無いので 余計に狙いたがるもの、なのかも。

1人がナイス!しています

1

日本だって占領地には日本語学校を建てて、和人/日本化政策を行ってきました。大陸では占領地に中国語学校を建てて、漢化政策を行っているのです。 台湾では日本人が彼らから富を奪わずに親身になって彼らの生活向上に尽力しましたから台湾固有の文化を否定したのにそれほど恨まれてはいませんが、ウイグルでは富を奪い強権的に支配して、漢化政策に応じない者には苛烈な制裁を加えているのです。最後まで抵抗すれば、殺されるのです。

1人がナイス!しています