回答受付が終了しました

質問です。16歳です。

回答(8件)

1

>ドルを買って放置しとけば 為替相場は、上げたり下げたりを繰り返しています。 >絶対上がる時が来ますよね? 放置してる時に、グングン下がってあなたの口座の残高が FX取引業者の基準額を下回ると 強制的にその「買ったドル」は赤字のまま そこで決済されます。 強制ロスカットというものです。 そこで負けますね。 その後に上がる時が来ても、強制的に売ってしまって 「買ったドル」は持ってないので意味無いですね。

1人がナイス!しています

2

まず大前提として、日本国内では18歳未満はFX禁止です。 海外の怪しい証券会社なら可能なところもありますが、とても勧められません。 とりあえず、今は現場仕事でお金を貯めて、18才になったらまた考えてみてください。

2人がナイス!しています

0

まず知恵袋でFXでされている方の多くが、短期トレードです。 一日の上がり下がりの幅で利益を出そうとしており、 そのためレバレッジを高くしております。 そうなると、1円の下がりが致命傷になったりしますし、 (維持率100%を切ると翌々日までに不足分の資金を入れる必要があります。そうしなければ強制ロスカットです) また次のトレードが出来ない事態を招きます。 短期トレードではそのため、いつ損切りするかが重要な判断となり、「負け」の概念が生じます。 他方、長期トレードは放置することが出来ます。 例えば昨年の1ドル=104円の時に、ドルを買っていたとします。 これが103円、102円と落ちましたが、 104円は十分に安いので、維持率が問題ないなら放置が出来ます。 長期トレードにおける「負け」とは、この資産管理ミスになります。 当時、101円まで行く、100円を割るなどの情報も流れましたが、 90円になったとしても維持率100%を切らない等の、 しっかりした資産管理が要求されます。 当然レバレッジ1倍なら、60円になろうと強制ロスカットはありません。 しかし儲けるためにはレバレッジを5倍、7倍としたいわけで、 その判断が重要になってきます。 (判断ミスが「負け」を生みます。しかもそれは大敗です) 勝率で考えても分かりやすいです。 短期トレードでは勝率50%が標準であり、 どんに上手い人でも70%あるかどうか怪しいです。 他方、長期トレードであればずっと寝かせて利が乗ってから決済しますので、勝率は70~90%と高くなります。 ポジション調整で率が下がるぐらいで、明確な負けは基本的にはありません。 長期トレードの問題は、短期ほど大儲けは難しいことですが、逆に安定して儲けが出ます。 >手数料 手数料は、普通の銀行の1/10が、ネット銀行で、ネット銀行の1/10がFXになります。 >長期トレードと外貨預金の違い 長期トレードは外貨預金とよく似ています。 しかし以下の点で違います。 ・FXのほうが手数料が安い ・FXのスワップポイントのほうが外貨預金の利息より高い ・FXだと売りからも始められる ・FXだと持ち金の25倍まで運用可能 ・25倍まで運用できる反面、強制ロスカットがある ・スワップポイントはマイナスもあるので、資金の減少もある

1

まったくもって、その通りです。100%損失はでません。 ここの奴らは負け組ですので 皆口を揃えて負けるといいますよ。それは間違い。 基本的にあなたの考えで合ってます。他の人達は欲張りなんですよ。 1回6~7万位の利益に押さえておけば問題なし。 毎日6~7万じゃ、少ないでしょうけど、そこはガマンですよ♪ あなたは凄いです。頭よいし、才能あります。やる前に既にプロトレーダーの手法ですから。必ず勝てます。 頑張って下さい。

1人がナイス!しています

0

やっと$1が110円程に戻ってきましたが、今まで円高だったのは意識されていないようですね。 自分は2年前に家族にかかってきた詐欺電話に巻き込まれましたが、その損失額は戻ってきたので、それにプラスして外貨預金をしましたが、いくらお礼を兼ねてとはいえ何十万円も損したままはあまり気分のいいものではありませんでした。 外貨預金は往復で手数料を取られますが、FXはどうなんですか? やはり手数料は取られますよね。 ドルが同じ110円に戻っても、まだマイナスのままでした。 そんなことも念頭におかれた方が良いと思います。