三国志についての質問です。

中国史93閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

2

>>曹操と袁紹が幼馴染で仲良しだったというのは本当ですか? 若い頃から交際があった、という記載ならあります。 記述を見る限りでは袁紹と交流する大勢の中の1人という感じだと思います。 袁紹、字本初、汝南汝陽人也。高祖父安、爲漢司徒。自安以下四世居三公位、由是勢傾天下。紹有姿貌威容、能折節下士、士多附之。太祖少與交焉(三国志袁紹伝) 曹操よりは張邈・何顒・許攸・伍瓊・呉巨辺りのほうが袁紹と交友があったと言えるでしょう。

2人がナイス!しています

2

曹操は宦官の孫、と言うことで当時から『曹瞞伝』なんてdis本を書かれる程だったし陳琳にも檄文で相当に悪口書かれたりしてますが、実父の曹嵩は三公のひとつ大尉を務めた顕官であり、そもそも養祖父の曹騰は当時名高い忠臣であり宦官の最高位である大長秋にまで登りつめた人物です。その長年の忠節に報いるために特例として養子を取って家名を残すことを許されたのが曹騰なので、家柄としては後漢末の朝臣の中でも最高クラスです。 そして袁紹も父の袁逢まで四代にわたって5人の三公を輩出した貴顕の家柄です。つまり三公の子息同士なので立場としては対等です。もっとも、事績や没年から推定して袁紹の方が10歳程度は年長のはずですが。

2人がナイス!しています

2

有名な逸話に二人が若い頃から友達で花嫁泥棒をしたという話があります。 そこで花嫁を曹操がさらった後、袁紹が足を怪我したので動けないと言うと、曹操が「ここに泥棒がいる」と叫んだので、袁紹は慌てて逃げたという逸話です。 この話が実話かどうかは不明ですが、仮に二人が若い頃から面識があって一緒に悪さした仲だったとしても、両家の立場からして袁紹の方が兄貴分だったのは間違い無いでしょう。

2人がナイス!しています