先日、祖母の代から利用している着物屋さんに、母と叔母が仕立てた着物が仕立て上がったので、取りに行った際さっくりと、

補足

言葉が足りなくて申し訳ありません 後日初歩的な人的ミスと言われ菓子折りをもって家に説明に来てくれて謝罪は頂いております 店での発覚後、別の事で、2回お店には、足を運んでいたにも お店で着物を買うとガード加工やパール加工を施し、10年間そこのお店で染み抜きを無料で出すことの出来る加工が有り買った着物を着た際は、お店に出します 正直信用の無くなり 丸洗いに関しても、それ以上の回答は 謝罪の際に私が振袖を着る機会があれば全力でサポートすると、なのに未だに振袖の丸洗いすら対応は無いまま 正直7年の積み重ねの今回の件がありもし少し前に発覚していたら、勿論黒紋付は購入することも無く 着る時あのやるせない気持ちを確実に思い出すでしょう

着物、和服180閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

わざわざ、ありがとうございます 姉は式をまだ上げておらず 司法書士の先生に相談したのですがお気持ちは十分お察ししますが、具体的明確な保障は出来ないでしょうと言われてしまいました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々と調べて頂きありがとうございました 私達にも、出来上がると電話が来るので、日頃からお店に任せっきりで、伝票を無くすと言う落ち度もあり お店との折り合いがつくことを望むばかりです

お礼日時:4/11 12:04

その他の回答(3件)

0

モヤモヤしますね ただ証拠となるものが少ないので公的な対応は難しいかもしれません あとはご家族の方とお店の関係ですね 叔母さんとお母さんはそこまで気にしてない感じなのでしょうか? 確かに酷いお店ですが家族の方が気に入ってみえるお店ならあまり意見言うのも…と思います 客商売としてはあり得ない対応ですが 口コミ悪そう 主さんの代からは利用しないと切ってしまうのが一番良いのではないかと 気分悪いままなのは主さんにとって損です

母に確認したところ 仕上がりは、書かれておらず、電話にて連絡があり受け取りに行くのが流れで、 家族は、先代との付き合いで今まできましたが、祖母が他界した今、 お店に固執することはないと家族で判断

1

第三者として気になるのは・・・ >この7年何度かお店に振袖預かってないよね?と確認をしていたが、ありませんとの回答で、私達も、叔母の箪笥に紛れて、どこかにあるのかなとそのまま7年が過ぎ・・・ というところです。 そういう時のための「預かり証・伝票」です。 7年前の仕上がり予定日頃、それを提示すれば、お店も必死で探したはずです。 預けたまま受け取っていないことは確か・・・と断定できなかったのですから店にだけの100%の落ち度ではないということをお考えの上、冷静に善後策をもう一度、店側と話し合われてはいかがでしょう。

1人がナイス!しています

勿論こちらにも落ち度はあります 伝票をなくしていることもここまで長引いた原因なのは理解しています 普通のクリーニングと違い少し時間は、掛かります ただ、そのお店が半ば押し売りのように作家とベッタリくっついてくるイベントをしょっちゅう行っていて、 母が土日休みで、そのイベントとしょっちゅう被るので、足がとうのいていたこともあります

4

7年前に呉服屋を通じて染み抜きに出していた振袖が、呉服屋には返ってきたけれど、顧客に返されずにそのまま呉服屋で放っておかれ、大掃除で見つかったからといって、特に謝罪もなく返されたということですね。 その間に何度も問い合わせをしていたのに、確認もせずに知らないと言っていたのなら、呉服屋の過失だと思います。着物の処置は何ヶ月もかかることが多く、いつ返却されるか、顧客には分かりませんものね。丸洗いでなく洗い張りを希望するお気持ちもわかります。 明らかに呉服屋の過失だと思いますが、直接の顧客であるお母上や叔母上がどう考えるか、によると思います。付き合いの長い呉服屋さんで、これからもずっとお付き合いしてゆくなら、矛を収める必要もあるかもしれません。 それにしても、滅多にない不思議なことだと思います。宮部みゆきなら、これを元ネタに時代小説を一つ書けるぐらい。

4人がナイス!しています

菓子折りをもって謝罪に来ては頂いてはいますが、ここから先は、びた一文も出さず、こちらが足を運ばないのであれば、それまでのような対応でした 初期対応の悪さ、着物への愛が全く感じられないことが何よりも悲しみ深い