ID非公開

2021/4/6 13:52

88回答

大学生です。 年金を学生期間免除?猶予?されているのですが、年金を払うメリットっていうのがいまいちわからないです。

税金、年金 | 年金84閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ちなみに、年金の納付の状況というのは障害を抱えた場合だけではなく、遺族年金や老齢年金にも関係してきます。 障害年金や遺族年金は受けないかもしれないとお考えになると思いますけど、老後に受けることになる老齢年金については年金をしっかり納付していないと老後に受給出来ません。 高齢になり働くことも難しいのに年金を受けられないのでは暮らしようがありません。(高齢の場合も生活保護を手続出来る家庭状況や資産は同様です) 年金制度がなくなることはないでしょう。 年金生活している高齢者が大勢いますので、制度がなくなってしまうのならその代替えになる制度が必要になりますから結局何か制度は必要です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん分かりやすい回答をありがとうございました。 なるほどって一番なったのでこちらを選びます。

お礼日時:4/22 19:27

その他の回答(7件)

0

まず、公的年金保険は「うっかり長生きしてしまった時の保険」です。 70歳や80歳と歳をとるにつれな20代と同じくバリバリ働けず収入も少なくなりますからその収入減ををカバーする保険です。 だから賦課方式なんです。 そして日本は世界一の「うっかりさん大国」です。 若いうちは自分は早死にしちゃうから老後なんて関係ないと言ってた人ほどついつい長生きしちゃうんですねーこれが。 公的年金は障害年金もセットになってますけど 同じ保障内容を民間の保険会社でとなると年20万円じゃ絶対に無理です。 その証拠に同じような保険料で同じような保障内容の保険が今までひとつもない。 なぜかと言えば公的年金保険は半分は税金で賄われてるから。 だから民間の保険会社では太刀打ちできない。 そしてその税金の財源として消費税があてがわれ消費税も10%になった。 公的年金なんていらないから賭け金も払いませんというのは 受けるメリットは全て捨てて税金だけたんまり払いますと宣言するのと同じだ。

0

元々持病があれば保険はなかなか加入できないし加入できても高額な保険料、掛け捨てです。 日本は皆年金ですからね。 義務。 障害年金はあなたがもし明日交通事故で障害者になった場合、年金の免除も猶予もせず未納なら寝たきりでも請求できないです。 初診日前の未納は後から納付しても未納です。 私は学生時代まだ任意加入でした。 転職の度に免除をしていました。 そして持病の悪化により初診日から19年目に障害年金を請求することに。 免除しておかなければ請求できませんでした。 学生は猶予ですが会社に就職し厚生年金に加入すれば免除制度はないです。 就職しメンタルを病み障害年金を考えないといけなくなって、あの時…と思うかどうかです。

0

<障害があった時のは普通の保険ではダメなんですか?> 障害年金は障害や病気によって生活に支障が出た場合に受け取ることができる年金です。年齢に関係なく受け取ることができますが、もらうための条件があります。 障害の程度により生涯受給出来ます。(永久認定以外、定期的に更新が有ります。) 従って、民間の普通の生命保険ではダメでは無いですが、比較できる保険は無いでしょう。 因みに学生納付特例は納付猶予であって免除では有りません。 <1年間で20万近く取られて将来返ってこない可能性が高いってメリットあるんですかね?> 65歳から受け取る場合の受取年金額は、約10年(75歳まで)受け取ると支出に見合った金額を享受できる計算になります。20年(85歳まで)受け取れば、保険料総額の2倍の年金を受け取ったことになるわけです。 老齢厚生年金は約9年(74歳まで)受け取ると元が取れるという計算になります。 将来返ってこない可能性が高いと言っていますが、年金制度は国が社会保障制度として運営管理しているので、日本がなくならない限り、年金制度も破綻することはありません。少子高齢化に伴い、1人の高齢者を支える現役世代の人数が減り、その負担も増えています。しかし、マクロ経済スライド(年金額の抑制)や、受給開始年齢の引き上げ、消費税の増税分の投入など、いろいろな方法で年金制度が破綻しないよう制度改正が行われています。 返ってこない可能性と記載していますが、制度自体貯金では無いのでそのような表現は当てはまりません。国の年金制度は、「老齢」になったとき、あるいは「死亡」、「障害」といった万一のときに備えて、国民が保険料を出し合い社会全体で備える「相互扶助」の仕組みとなっています。