初めて質問させていただきます。 住宅を購入するタイミングと購入する金額についてご意見をお聞かせください。 現在、

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます! 年収は税込ではお互いもう少しありました、合わせて700ちょっとでした。 仰る通り月に18,000円で借りれる所なんて無いので、やはり補助分を貯金に回すべきですかね…!たしかに、手当が出るうちは勿体ないと感じています。 まさに考慮していた点で築年数の件も心配していました。早めにローンを組んで購入しても定年後に修繕費や建て替えが必要になった場合を考えると不安で……。 やはり我が家には住宅購入は時期尚早ですね、ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

経年劣化も考慮し、今は手当分を貯金していくことにいたしました。 皆様本当に有難かったのですが、修繕費等についてもご教授下さったyay様をベストアンサーとさせていただきます。 ご回答下さりありがとうございました!

お礼日時:4/21 12:58

その他の回答(8件)

0

はっきり申し上げてご夫婦でそんなに所得は高くありませんから、住宅ローンは組まない方がいいと思います。 何かあった時にどうにでもできる賃貸でくらすほうがリスクは小さいと思います

0

1F6013R 少なくとも家族構成が決まり、妻が復職してからかと。 手当を活かして、暫くすまいを我慢するか。 手当を諦め、早く自分の住まいを手に入れるか。 どちらがイイかは貴方の主観。 希望のエリアがあるなら、そのエリアの相場を踏まえた上で、yayさん・matさんの回答を参考にされて、どちらにするか決めるトコロからかと。

ご回答ありがとうございます! 仰る通り、出来れば第2子も望んでいるので(こればかりは分かりませんが) 確かに妻側が安定して働ける目処が立たないと…ですよね。 今購入検討するのは時期尚早という事がよくわかりました、ありがとうございます。

0

まずは奨学金を払い 貯金もする。 奥様が出産後、 仕事復帰出来るとは言い切れないので まずは出産されてから、、 と思います。 元気なお子さんが生まれますように♬

ご回答ありがとうございます! 奨学金は繰り上げで返済していかないとですよね!子供が小学生に上がる前に返済を終えることが目標ではあります…! 一応保育園等の目処も立っており復帰の見込みはありますが、たしかに確実ではありませんよね。 お優しいお言葉嬉しいです、お金の事で悩み続けていたので嬉しい気持ちになりました。ありがとうございます!

0

「しばらくは賃貸でも良いか」とありますが、いずれは購入する予定なんでしょうか。 買うつもりならば待つ意味はありません。手当6万5000円得しているのではなく、家賃1万8000円を捨てているだけ。 頭金等のメリットよりデメリットが大きいので、住めば住むほど損します ずっと賃貸に住むなら、 妻があと30年勤めた後、30年生きるとして、約4000万。 住宅ローン2500万 +利息400万 +固定資産税や修繕費1500万 -団信メリット200万 =4200万(-資産価値) と大差ありません。 得といえば得ですが、飛び付くほどでしょうか。妻の退職、引っ越し先が見つからない等で、あっさり逆転してしまいます なお「妻の復職を待つ(退職リスクを加味する)」のはあべこべです。 妻が働けなくなる =住宅手当がなくなる =賃貸に拘るメリットが完全に消える ということは「妻が辞めるなら買った方が良い」に傾きますが、妻の収入がなくなるとローンが組めなくなります。 しかし賃貸のままでも夫だけでは生活困難ですから、何らかの妻の再就職は必須。 回り回って「住宅手当がないまま賃貸に縛られ、妻の再就職→勤務歴を確保してから住宅ローン」と、無駄な遠回りに陥ります。 リスクを回避したいなら、さっさと買う方が良いです

ご回答ありがとうございます! 引き継げる家や土地が無いため、歳をとってから賃貸が借りられなくなる事に不安を感じており、その意味でいずれは購入を検討しております。 18,000円を捨てている…確かにハッと致しました。裏を返せばその通りですよね…。 今の時点で妻側の転職や退職は頭に無かったですが、このご時世どうなるか分からない以上 やはり賃貸を選択していることは大きなリスクを抱えていることにもなるのですね。 購入した場合の試算(メリット、デメリット)について具体的に計算して考えて見たいと思います。ありがとうございます。

1

お子さんを望むならお子さんができたタイミングで奥さんが仕事継続できるか否かにかかってくる、それまではひたすら貯蓄

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます! 出産はまだですが、現在産休に入っており今の所復帰予定ではあります。 妻側が仕事継続できるかによって大きく変わりますよね、ありがとうございます。