F15の改修は、日本の技術だけでは出来ないの? https://news.yahoo.co.jp/articles/54fbd902a2cf143ae55cdcc4084569b5cff0af58 欧州機を買う選択は?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

F-15の内部には たくさんアメリカの軍事機密と 特許部品があり 契約上、これらを日本が勝手に解析して 対応する製品はを開発する事は許されていません。 その為、日本の要望を アメリカ側の開発元に伝えて それに基づいた改修設計を見積る ・・・というのがアメリカ依存の 日本の自衛隊兵器の宿命な訳です。 また、仮にこの契約を破って 自国独自開発をする場合でも 結局はアメリカが秘密にしている部分を 1から解析して対応改修技術を 自国開発する場合には 膨大な開発・テストなどの研究費が必要です。 その費用と手間を考える 既にそれらを全部分かっている アメリカ側に委託した方が 総合的には安く 安全な改修にできる可能性が高い訳です。 特に航空機関係は日本は基礎研究を 1945年以降からほぼやっていません。 その為、今開発中のホンダやミツビシの 民間純国産機は、どれも納品が 何度も延期になっていますよね。 この日本の航空機開発技術関連の遅れを考えると 民間機より遥かに高性能で複雑な機体である 戦闘機の改修を日本で行うのは たぶん難しい事だといえるでしょうねぇ。

「工業技術」と言うのは 分野が違うと 全く別の技術が必要で 自動車や電気製品の製造で どれほど高い技術力がある日本でも 「航空機」は ほとんど作っていない (太平洋戦争後はYS-11くらいですね) ので、それに関する技術は アメリカやヨーロッパ ロシア(たぶん中国)にも 全く及ばないくらい 技術的には未発達国と言える訳です。

0

F15の近代化改修は日本の技術だけです。戦闘機の近代化改修ができない後進国があります。近代化改修キッドを買う国もあります。日本以外の国の先進国は近代化改修をしています