回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/8 12:14

1111回答

なんで茨城をいばらぎって読む人が多いんですか?勉強してこなかったんですかね?

一般教養 | 日本語408閲覧

回答(11件)

1

『いばらき』は、一般的な人間が普通に発音できるレベルを超えています。『いばらぎ』で我慢してやってください。

1人がナイス!しています

3

肝心の茨城の人が「いばらぎ」もしくは、 「いばらに」としか発音出来ていないので、 他府県の人もそうだと思ってしまうのでは?

3人がナイス!しています

1

まあ、普通に考えたら、「イバラキ」よりも「イバラギ」の方が発音しやすいでしょうね。

1人がナイス!しています

4

水戸の人間なら訛りでしょうね。 学生時代水戸から来ていた友人に「イバラギ(濁音)の名物は?」と尋ねたら、 「イバラギ(濁音)ではなくってイバラギ(鼻濁音)だっぺよ!」 と怒っていました。

4人がナイス!しています

3

昔は普通に「いばらぎ」と教えていた時代もあるからです。 IT革命以前は本当に正しい事が調べにくい、判りずらい時代でしたので、 学校でも「いばらぎ」と普通に教えていた時代もあり、 茨城弁では「文頭以外のカ行やタ行が濁る」事があるので 実際に茨城県民も「いばらぎ」と言っているという事もあり、 (県民本人は「いばらき」と正確に言っているつもりだそう) 一般的に教科書や、その他の書籍でさえ 「いばらぎ」と書いてあるものが多かったからです。 これに対し茨城県庁が 「いばら”ぎ” じゃなく いばら”き”」と テレビCMを打ち全国的なトリビアとして広まったんです。 既出ですが 「松坂牛」の松坂市も以前は「まつざか」と言ってましたし、 その他にも例えば織田信長で有名な「浅井長政」も 「あざい」ではなく「あさい」と教えていたんですよ。

3人がナイス!しています