ID非公開

2021/4/9 1:16

55回答

進撃の巨人 最終話について

コミック | アニメ1,875閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

タイムパラドックスを防ぐために 敢えて残酷な方法をとったのでしょう

0

カルラが喰われなければこの後の「道」がありません。 エレンが突き動かされることはなかったですし、もし何かで目覚めたとしても、ダイナ巨人に触れて王家と始祖能力に気づくというのもなかったかもしれません。 エレン奪還作戦ではエレンが怒りでダイナ巨人に触れてライナーやベルトルトからみんなを守りましたから、喰われるなら間違いなくカルラなのです。

1

エレンに巨人への憎しみを与えるためです。母親が食われてなければこんな事にはなってません

1人がナイス!しています

1

2つの理由があったと思っています。 1つ目はエレン、ミカサ、ハンネスを確実に逃がす為 もう1つはダイナに接触する事で座標の存在に気付いたからです。 1つ目の理由はまず、2人の子供と大人の男1人では屋根は到底持ち上げられなかったでしょうからカルラはどちらにせよそこで食われるしかありませんでした。 エレンは良くも悪くも身の程知らずなので巨人が来るまで必死に屋根を押しのけようとしてたのは目に見えています。 原作では一直線にダイナが来たのでダイナだけから逃げれば良かったですがダイナが来なかったら複数の巨人に包囲され逃げ遅れていたでしょう。 仮に助けられたとしてもカルラは屋根に潰され下半身の感覚が無いと言っていたのでどちらにせよ自力で走る事はおろか、歩く事すら出来なかったので逃げ遅れていたでしょう。 また、逃げ延びたとしてエレン、ミカサのどちらか、もしくは2人でカルラの介護をする生活になっていたと思われます。 (エレンはミカサにカルラの事を丸投げして自分は好きなように生きるなんて事が出来る性格ではないと思うので恐らく一緒にいるでしょうね。家がない下半身不随の女とそれを介護しつつ仕事をする少女2人で生活出来る程甘くはないように見えますし) カルラはエレンが調査兵団になるのを反対していたのも有り危険な事には加われず、巨人の力とミカサの力が無くなった調査兵団は初期の方でリヴァイ兵長もエルヴィン団長も亡くなって壊滅していたかもしれませんね。 穏やかでしょうがエレンの最後は自分が何者か分からないまま抵抗もあまり出来ずマーレ軍もしくは巨人に殺されていたかと思います。 ここのシーンはエレン、ハンネスどちらも自分の弱さに気付き強くなる事を誓うようなシーンでもあるので子供エレンに苦渋を味合わせる為にも足枷にしない為にもカルラは死ぬべきだと判断したのでしょう。 次に何故ダイナでなければならなかったのか?ですがダイナが食われたシーンを思い返すとライナーとベルトルトを引かせ無事に逃げる、王族と接触すれば巨人を意のままに操れる事にエレン自身が気付く、早めにヒストレアの今後を考えるにはダイナから逃げずに足を止めて立ち向い触れ合う切っ掛けが必要です。 母を食った、という過去があればちょうど良いので食わせたのかな?と思います。

1人がナイス!しています