ID非公開

2021/4/9 9:38

22回答

アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信の成績(配当利回り)が良すぎると思うのですが、こんなものでしょうか?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/9 18:04

回答ありがとうございます! 38.3%は高すぎて逆に何だか怖いです…。 毎月分配は全てゴミと教わったのですが、違いが理解できました。

その他の回答(1件)

0

はい、こんなものです。 米国株式、特にナスダック市場が好調なので、高利回りになっている、というだけです。 しかし、もっとパフォーマンスが良いファンドがありますよ。 下記サイトをクリックし、「より良いファンドに見直す」をクリック、<リターン>の欄に✅マークを入れると、アライアンスより高利回りのファンドが一杯でてきますよ。 https://portal.morningstarjp.com/FundData/SnapShot.do?fnc=2014091602 >ゴミファンドと言われる毎月分配型とは言え、あまりにも良すぎる気がするのですが…何か裏があるのですか? 当該ファンドは、たまたま米国の株式市場が好調なので、運用成績が良いだけですよ。 米国市場がリーマンショックのような暴落に見舞われると、「ゴミファンド」になるのです。 ゴミファンドとは、毎月分配型投資信託全般を言うのではなく、利益が無いのに、元本を取り崩して「特別分配金」を出す分配型ファンドを言います。 当該ファンドは、たまたま米国市場が好調なので、利益が多く出て、そこから分配金を出している(普通分配金と言う)ので、現在は問題はない、と言うだけです。 しかし、資産形成上は、分配金を出す「Dコース」ではなく、分配金を出さない「Bコース」がお薦めです。

ID非公開

質問者2021/4/9 18:03

回答ありがとうございます! まだ不明点があるのですが、 このファンドは予想分配金提示型なので運用成績が悪ければ分配金なし=資産からの取り崩しも無いですよね? 暴落時はどのファンドでも評価額が下がると思うのですが、手数料が高い点からゴミファンドとみなされるんでしょうか?