ID非公開

2021/4/9 11:03

55回答

文章書くことが苦手過ぎて、どうしていいか分かりません。小論文とかも、苦手です。

就職活動 | 日本語18閲覧

ベストアンサー

0

はっきり言って、文章を書く力は短期間には上がりませんので、長期的対策として、①本を読む②日記をつける をやってみたらいかがでしょうか。②については数行で構わないので、毎日続けることを目標にやってみましょう。

その他の回答(4件)

0

文章を書くのが苦手であれば、まずは箇条書きから始めてみてください。 箇条書きにしたものをつなげていくことでいつか文章になります。 添削に関してはこの知恵袋でもやってくれますよ。 また大学性であれば、キャリアセンターがあると思います。そこで就職の相談ができるはずですよ。

0

文章が苦手で苦労する人ほど、文筆家として大成することが多いです.文章の中身はその人の経験の深さによりますから、どう背伸びしても自分以上のものは書けませんが、文章はその上に「間」とか「リズム」というべきものがあり、これが悪いと、読むほうは悪路を走行するような気分になる.プロの文筆家と素人の最大の違いです. 文章を書くのが苦手だと言う人は、実はよく考えている人であることが多く、書く内容が無いから書けないというに過ぎない.自分に関心がある分野なら意外に書けるのではありませんか? 「間」とか「リズム」というのは音楽と同じで、音楽も三拍子とか七拍子とか、休止符とか、リズムに乗せないと音楽にはならないでしょう.それと全く同じです.現代作家では三島由紀夫、戦前の作家なら誰でもいいので、そういう人の文章をよく読んでリズムの要領を掴むことができます. ただ、いくらリズムが良くても、メロディと和音が無いと音楽にはならない.この三つの兼ね合いが文章を書く難しさなのですが、小論文とかエントリーシートなら中身は大したことが要求されていないので、どこかで聞いた風なセリフを並べるだけですむでしょう.あとは拍に気を付けて体裁を整えるだけで完璧です.

0

就職対策と小説は違います ・良い文章書くのは才能が必要 ・小論文は対策すれば誰でも同じになる 逆に言えば ・要点を抑えて無い ・上手な文章で書いてある 物は落とされます それは小論文の方式に沿って書かれていないから エントリーシートも就活本に見本が多数あるように ・決まった形式で ・アピールポイントを書く というだけです ●小論文は対策本読む ●エントリーシートは見本をそのままコピー 何があったかだけ自分に直す

0

ツイッターとかで日記みたいに毎日書き続ける。 ブログでもいい。ブログは紐付けされなきゃ、他に見る人いないし。 千里の道も一歩から。