中国の少子高齢化は日本よりも遥かにマシですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

中国は「一人っ子政策」が長く、その影響で 日本と違い「結婚出来ないので子供が作れない」というのでなく、 「結婚しても、子供は1人しか要らない」という風潮にあるので、 今後も少子高齢化は加速して行くでしょうね(>_<) 意識が異なる分、どんなに政府があがいても 中国は先細りして行くと思います。 日本の方が、中国に比べれば「人口が少ない分」 遅れがちながら対策は取れるので、まだマシでしょうね(^^)

1

中国政府のシンクタンクは「年金積立金は2027年の約7兆元(約111兆円)をピークに急減し2035年に底を突く」という推計を公表してます。定年(現在男性60歳)延長は確実でしょう。 日本は経済大国になってから少子高齢化を迎えました。2000年に介護保険法を施行した当時、日本の1人当たりのGDPは3万ドル以上に対して、今の中国は一人当たりのGDPは約1万ドル。中国は「要介護人口が」2億人、日本の30倍とも言われる。どう見ても中国の少子高齢化は日本とは比べものにならないほど深刻なのは間違いないですね。

1人がナイス!しています

0

2050年に中国は60歳超が5億人。 日本より福祉が遅れてるから滅ぶんじゃねーかな。

0

数が多いだけに少子高齢化社会は大変だろうね。 そのためにAI技術開発急いでるんだろうけど