新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/4/10 13:34

33回答

コロナ前はよくツアーで海外旅行に行っておりましたが、今までツアー中にトラブルとかは一切ないのですが、皆さんはツアー中にトラブルに遭われた経験はありますか?そして、添乗員はどうしたかとどのように解決した

海外 | 観光50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/4/12 19:53

エレベーターが止まるのは安全面で恐怖ですね。どちらの国ですか?

その他の回答(2件)

2

参加者の一人が統合失調症で、海外での滞在中に、いわゆる「電波が飛んできて」奇行を連発したことでしょうか。 添乗員は急遽その人を日本に送り返し、ツアーは続行されました。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/10 17:30

どちらの国でしょうか? それにしても、送り返すって契約上できるんでしょうか?また統合失調症の人が自力で日本に帰れたかな。 以前、添乗員が飛行機に乗れなかったツアー客を残し日本に帰り裁判になってましたが、今なら本人の同意ないと裁判沙汰ですね。

1

トラブルと言うか事件と言うか、今から30年近く前の話ですが、今よりもアメリカが犯罪大国で在った時代ですが、ツアーでロサンゼルスに行った時、友人と食事をしてのホテルまでの帰り道で、拳銃強盗のような感じ?、で脅されましたよ。 でも、私も友人も対処訓練を受けていたので、相手の黒人が油断した時に、持っていた拳銃を奪い相手に向けたら、逃げて行きました。 嘘のような話ですが本当の事です。 問題はその後で、その拳銃をどうしたら良いのか分からず、とりあえずホテルに持ち帰り、現地ガイドさんに経緯を話して、警察を呼んで貰ったのですが、警察が信じてくれず、日本人のあなたたちがギャングから拳銃を奪う事など出来るはずが無いと、笑うのです。 しかし、試しにその警官の持っている拳銃から弾を抜き同じように奪ったら、やっと信じてくれて、開放されました。 今では、ロサンゼルスのダウンタウンもそれ程危険では無くなったと思いますが、当時はまだ三浦事件(ロス疑惑)が起きて間もない時期でしたから、観光客に危険地域の地図が渡されていた位、危険でした。 場所は、映画タワーリングインフェルノで撮影されたボナベンチャーホテルで食事をして、ヒルトンホテルまでの徒歩で移動していて、夜中の11時位です。 各交差点には黒人グループが点々と居て、物騒な感じは在ったのですが、まさか狙われるとは思っていませんでした。 相手の黒人が3人程度で、拳銃を持つのは一人で、他はナイフしか持っていないようで、私や友人よりも体格は小さかったのも幸いだったのかも知れません。 友人は、元空挺隊員で私は在る部所の公務員でした。 昔の良い思い出です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/10 17:27

なるほど1990年代の話ですね、恐ろしい話です。 しかし、その時に夜の帰り道をタクシーを使わずによく歩きましたね。