ID非公開

2021/4/11 1:40

77回答

声楽のコンクールや試験ではビブラードができると加点になりますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:4/16 11:17

その他の回答(6件)

0

>・・・加点になりますか? ★基本的に成りません。 コブシを入れると減点対象だと思います。 https://youtu.be/LbI3fqI49uc CHCEDCH だと思うのですが、ヴィブラートの有無に関係無く、Eが低くて西洋音楽基準の歌唱としては0点(評価外)です。こんなのは私の音楽経験の範囲外の人です。 >・・・教えて貰えるのでしょうか? ★ヴィブラートは基本的に教えてくれません。 ヴィブラートは勝手に掛けて叱られる性質のものです。カンツォーネにシャクリ・シボリでも親に叱られていました。コブシの練習をして入れて歌ったらメチャメチャ叱られました。ヴィブラートを装飾音と捉えて1音高い裏声を入れます。 基本的なベルカント唱法を親の見様見真似で出来ます。某国のカラオケ大会で音楽学部院生に誘われて某有名歌手の真似で歌ったら大爆笑で優勝してしまいました。院生達の方が歌は上手かったのですが、身バレしていて、私は身バレして居なかったからです。 本当は歌手に成りたかったのですが、声が悪いのでヴァイオリンを弾いています。聞き齧りで歌った時に音程が異常に正確だからヴァイオリンを習わせたみたいです。指、特に左手小指が長いのも有ります。 上手いヴァイオリン弾きは共通して声が今ひとつで歌は上手いのですよ。日本で指揮の真似事をしていた音感が全く無い誰かさんとは違います。 某元音大声楽家教授が幼少期から家に出入りしていたのですが、その人よりは私の方が(子供の時から)歌はマシです。 某国に留学していた時、音楽学部で声楽のクラス(副科)を取った時には、他の学生を圧倒しました。何かがオカシクて笑いが取れます。極東人でも親が戦前欧州で教育を受けていたオペラ歌手の蛙の子なので素養が違います。

0

十年学んでいてもビブラートを倍音だと言っていた人もいますからそもそも覚える必要がないのでしょうね。

0

ビブラートは演歌などで用いるような故意に音程を細かく上下させるものを言う場合と声そのものに含まれる揺らぎの要素を言う場合があります。 声楽では前者のビブラートはなしです。 それに近いトリルは行いますが! 良い発声はその響きに元々 良いビブラートが含まれており声を意識的に揺らすことはしません。 ですから声楽の先生はビブラートをかけたほうが良いとは絶対に言いません! むしろ初心者にありがちな発声の問題で声が細かく揺らいでしまうちりめんビブラートがあると、ビブラートをなくすようにと注意します!

1

古楽(中世西洋音楽、ルネサンス音楽、バロック音楽)ではビブラートは「かけない」ことになっていますが、実際には、ビブラートの「かけ具合が低い」というだけです。(そして、現在では、古楽をどう演奏するかについての「ビブラート戦争」は無用な議論だ、となっているようですが。) なぜなら、声は、発声した段階で、すでに自然にビブラートが多かれ少なかれ「かかって」いますから。いわゆる「ノンビブラート」というのは、ビブラートが「かかっていない」のではなく、ビブラートの「かかり具合、あるいは、かけ具合が低い」だけです。 歌い手の中には、 ・ビブラートのかかり具合が低い人 ・ビブラートのかかり具合が高い人 ・ビブラートのかかり具合を器用に調節することができる人 ・ビブラートのかかり具合を簡単には調節できない人 など、いろいろな人がいます。 西洋クラシック声楽では、古楽の楽曲をのぞき、ビブラートが「きれいに」かかっていることが求められます。 > 声楽のコンクールや試験ではビブラードができると加点になりますか ビブラートがあまりかかっていないことが求められる楽曲以外では、ビブラートが適切な度合いでかかっていないと、大きな減点でしょう。ビブラートがかかっていることが求められる楽曲でビブラートがかかっているからと言って、加点されるわけではありません。なぜなら、そんな楽曲ではビブラートがかかっていることが最初から求められているからです。ビブラートをどの程度かけるかは、歌い手それぞれの裁量です。 > 声楽を5年ほど習っていますが全くビブラートをかけることが出来ない > のですが先生はかけたほうが良いなどは全くおっしゃらない 可能性が少なくともふたつはあると思います。 可能性1 質問者さんはビブラートが程よくかかっている。そして、それにご自身が気づいていない。気づいていない場合、質問者さんが、ひょっとしたら、日本の演歌歌手などが使う「ニセビブラート」をビブラートだと思っているからでは? 演歌で使われる「ニセビブラート」はクラシック声楽では使いません。 可能性2 質問者さんは、実際、ビブラートが程よくかかっていない。その場合、 2−1 先生は他のことを教えるのを優先している。いい教師は、どの生徒には何をどの順番で教える、と計画するものです。 2−2 あるいは、先生は、あなたを古楽の楽曲に向けようとしているのかもしれません。どんな曲を歌ってきましたか。 > 教えて欲しいと言ったら教えて貰えるのでしょうか 心配なら、わたしのビブラートはいかがですか、と聞いてみては? ビブラートのかかり具合を例示します。 すべてソプラノ(一応、アメリカ人に揃えておきました)で、 古楽期の終わりであるバロック期の終わりの作曲家、ヘンデルの作曲、 O sleep, why dost thou leave me 短いレチタティーヴォで始まり、すぐにアリアに移ります。 Julianne Baird * 古楽専門の歌手で、ビブラートは低い https://www.youtube.com/watch?v=bFCEfxraZ-8 Renée Fleming * オペラ歌手で、この演奏では、 ビブラートはかかっているが、大きくはかかっていない https://www.youtube.com/watch?v=sSZRfgjLPPk Kathleen Battle * オペラ歌手で、きれいなビブラートがかかっている https://www.youtube.com/watch?v=R27H8kuASKA

1人がナイス!しています

>> コブシを入れると減点対象 リンク先の最初の部分だけ聞いてみましたが、そんなことクラシックではしょっちゅうしますよ。まあ、「コブシ」という名前ではありませんが。楽譜に書き込まれていることもあるし、歌い手が自分で付け加えることもある。ABA形式だと、2回目のAではむしろそれなどをすることが求められている。 装飾音 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%85%E9%A3%BE%E9%9F%B3 >> ヴィブラートは基本的に教えてくれません ビブラートを低くして歌うと、即座にお叱りがきますよ。そんなとき、いい先生だったら、こうしてみたら、というようなことを言ってくれます。(それと、バイオリンだったら、ビブラートのかけ方を教えないことには、どうしようもない。バイオリン奏者なら知っているはず。)

0

>声楽のコンクールや試験ではビブラードができると加点になりますか? 曲と箇所、それにかけ方によるよ。 それに加点てか、不適切な場合の減点じゃね? 知らんけど。 演歌歌手みたいに何でもかけりゃイイてもんでもない。 てか、5年でコンクールすか? スゴイすね。