新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

何故、コロナは頻繁に短期間で変異しているんですか?

生物、動物、植物 | 病気、症状43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

なるほど。 たしか、RNAは単純な構造だったと思うので DNAで構成されている生物よりも ウイルスが変異しやすいという事でしょうか? また、変異の原因も免疫攻撃に対する反応と考えれば、 ウイルスがより変化していく事も納得です。 ただ、コウモリから人へ感染の様な、 種を越えた感染力の大異変は 100年に一度と言われています。 そのような漠然とした曖昧な仮説よりも 実現している人工ウイルス説の方が 感染地域や利害背景を含めても 可能性は高そうな気がします。

その他の回答(2件)

0

意図的に手を加えられた、以外には存在する理由がありません。 DNA解析をした最初の発表に、SARSのDNAと、HIVのDNAが両方あると、調べられています。 両方に、同時に感染することはありえないのです。 このために、ふつうのコロナウルスの、数10倍はやいテンポでDNAの変異が発生してしまう、ということです。 最初の、関連図(ネットワーク図)ですが、イギリスの医学誌に発表されたものです。ご覧のとおりに、こうもりと武漢ウイルスとの間は、はるかに、はるかに、遠い関係です。こうもりが原因だというなら、こうもりの位置は武漢市ウイルスと、同一の位置になければなりません。 イギリスの医学発表は、一般的に、信用ならないものです。

画像

中国政府の当初の発表でも、 コロナウイルスの遺伝子はHIVと酷似した部分があり 人工ウイルスである痕跡を突き止めたと報道していましたよね。 一貫して、人工ウイルスのバイオテロ攻撃だとしています。 自然発生やコウモリ由来説なども 武漢の市場ではコウモリを扱っておらず 米軍の滞在した2週間後に発生した経緯や、 特に、初期にコロナが局所的に感染爆発地域が 中国発、イタリアとイランの3国です。 経済報復合戦と5G戦争でリードしていた 中国とファーウェイ叩きの最中 イタリアはG7で唯一のファーウェイ容認国 イランは反米で開戦の危機まで高まっていた緊張感 中国の責任追及を国際的に訴えかけ、 後から感染被害者数が世界一になった米国。 陰謀論的な視点にはなりますが、 歴史と現実の利害関係からすると 科学的に実現されている人工ウイルス説の方が 納得がいくような気はします。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

コロナウイルスのゲノムに起きた変異を修復する仕組みがないからです。

なるほど。 単純にエラー発生率が高い仕組みなんですね。 では、何故コロナウイルスは 修正機能を備えていないのでしょうか? ウイルス自体、全般的にそうした形態なのでしょうか? 基本的に、修正できなければ 種は適応できずに淘汰されてしまいそうですが、 自己繁殖できず宿主を媒介とする ウイルスだから可能なんでしょうか?