ID非公開

2021/4/11 19:53

33回答

費禕は、「我々は丞相に遥かに及ばない。丞相でさえ中原を平定できなかったのだ。我らなどでは問題外だ。

中国史50閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/12 22:04

たしかに蜀では成漢が起こりますね、簡単に歴史は変えられそうにもありませんね。ご回答有難うございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:4/20 20:33

その他の回答(2件)

1

ないと思います。八王の乱の時点で異民族を大量に、と言うのは身内同士での争い、と言う側面があったからです。 仮に呉と蜀が健在な状態であったなら、あんなに多種の異民族を流入させることはやりませんから、必然的に八王の乱のような悲惨な状況も起こり難くなると思います。 そしてその状況では先に書かれている通り、司馬一族の専横に対する反乱等が発生しても付け入ることができないぐらいの格差があったのです。 防衛と攻勢ではこの時期は兵力が少なくても防衛側が圧倒的に有利です。これは諸葛亮でも陳倉を落とせなかったことからも明らかであり、逆にそれでいくつも城を落とした曹操の異能さが際立っている、と言えるでしょうね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/12 21:56

なるほど‥三国鼎立状態では、司馬炎も緊張感を持って国を治めそうですね。

0

可能性としては難しい。 国力、軍事力に勝る大国に小国が勝てるのは、大国が仲間割れしていた場合に限られます。 例えば三国志で袁紹が曹操に負けたのも、袁紹陣営で救いがたい派閥争いをやらかし、袁紹没後には骨肉の争いまでやらかしたから。 今の大河ドラマの江戸幕府にしても、長州や薩摩よりはずっと力を持っていた幕府が敗れたのも、井伊直弼が安政の大獄でたくさんの幕臣や幕府方大名を処罰したから。 魏の場合は、司馬氏に政権が移行する過程で淮南三反とか内紛が繰り返されたが、それでも蜀や呉が魏を倒せなかったのは、蜀や呉でもそもそも深刻な内部争いがあったから。 もし姜維が国防に徹し、段谷の敗戦がなく次の世代へ託していたら、中原回復のチャンスはありましたでしょうか?→あり得るとしたら司馬炎が頽廃しだした280年以降かなあと思います。しかし、あの頽廃した時期でも、馬隆が北で頑張ってましたし、やはり難しい。可能性としては司馬炎が死んで八王の乱をやらかす291年以降ですね。 また孫秀が(陶侃を連れて)西晋ではなく蜀へ亡命していたら、北方異民族の台頭をきっかけに長安以西ぐらいは切り取れましたか?→孫秀の亡命は蜀滅亡後なんですが。仮に亡命しても、そこまでは変わりません。文親子が呉に亡命したのと変わらないでしょう。よほどの名将でない限り(韓信クラス)、変わらないと思います。

ID非公開

質問者2021/4/12 21:53

なるほど‥ご回答ありがとうございます。