Ⅳdimってコードがでてきたんですけど、これって何かの代理コードですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

>Ⅳdimってコードがでてきたんですけど、これって何かの代理コードですか? Ⅳdim(7)なら、Ⅴ7♭9の代理(ルート省略型)が多いと思います。 >key,F=Dmの曲で >Dm F | C B♭dim |Dm F | C B♭dim | トニックのDmに進むなら、Ⅳdim(7)というより、 Ⅶdim7=C♯dim(7)の第3転回形が考えられます。 機能はドミナントⅤ7♭9=A7♭9の代理(ルート省略形)に分類されます。 ただ、第3転回にする意味がよく分かりません。ベース(最下音)の動きがスムーズでないからです。 ベースはC♯音を弾いてませんか? それなら C →B♭dim(7)/C♯→Dmは C →C♯dim(7)→Dmになるので、 オーソドックスなパターンです。 全音離れたCとDmを半音階的に繋ぐ減和音なので、 パッシング・ディミニッシュ(経過的減和音)とも言います。

0

B♭dim7 と解釈すると 構成音は、B♭、C#、E、G だから、 A音 が無い A7(-9) と同じ。 Dm のドミナント的な役割だね。

0

C Bbdim Dm のケースだと、 1.マイナートニックコードの Dm へ向かうドミナントコードの代理(add9 のルート抜き):既出 2.経過和音の一種・代理 2の解説すると、下声部(ベース)が C → Db → D とか動く想定で、その上に E → E → F というのと、G → G → A というのが乗っかって、コードとしては C → Dbdim → Dm がシンプルな経過和音のパターン。 これに対してトップを G → G → A から捻って、A への着地により解決感を出すのに上導音 Bb から A へ進行するという手を使って G → Bb → A とすると、真ん中のコードが Bbdim の第一転回形になるわけです。 この場合の上声部がメロディーだったりすると、G → G → A より G → Bb → A の方が面白いというのもある。 真ん中の遷移では Db E Bb で E Bb が三全音(トライトーン)であるのも、これらが F A へ遷移すると解決感が強まり好ましいこともあるかもしれない(状況によってはこれを好まないこともあるので、最初のシンプルパターンの Dbdim という選択を推すこともあると)。 このあたりの経緯をコード表記法に従って無理に表出しようとするなら、C → Bbdim on Db → Dm とか書くことになるのか? で、1なのか2なのかは、メロディーとか加えて考察すれば判別付けられることもあるけど、そもそも2の理論的バックボーンの説明のために1を持ち出すことがあることがあることからも、まあどうでも良いような話しであるかも。