一旦停止についての質問ですぅ

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

では最高裁まで争う覚悟で自分也に自己責任で判断したいと思いますぅ というのも実際にド田舎の見通しの良い道路でそれをする意味があるようには思いません。 皆さんの主張はわかります。 ポイントはきちんと一時停止をした上安全確認をした上 走行しているかだと思いますので 各々の回答者の皆さん ご回答ありがとうございましたぁ!

お礼日時:4/22 7:40

その他の回答(9件)

0

見通しの悪い交差点だと、というか見通しの悪い交差点だと思いますが、優先道路ぎりぎりで停まった場合、優先道路側の自転車や歩行者にとっては脅威でしかないです。 丁寧に一時停止線と止まれと書いてあるのですからぁ、わざわざ反抗しなくても素直に従えば良いと思いますぅ。

0

道路を走っていてハッとする場面は、横道からから出ようとする車が停止線で止まることなくいきなりボンネットを突き出してくる時です。もし歩道や道路脇を自転車で走っていたらと思うと恐ろしいです。あと、2回目の停止をせずに出た際には、右から来る車だけに意識がいって左から来る自転車に気づかなかったことがありました。二段停止は安全の基本だと思います。

0

停止線は落書きではありません。意味があるから引いてあるのです。なので、「止まれ」とあるときは、見通しが悪くても停止線で一旦停止し、見通しが良いところで再度停止(こちらは停止しなくても良い。)すればいいのです。

0

停止線は「その線の手前で停止すれば、交差する交通との接触がないことが明らかである位置」に決められています。 停止線の手前で止まっても左右の確認ができないのは当たり前でしょ。確認できる位置まで止まらずに出てしまえば、すぐにでも接触する危険性があるわけだからね。 確実に安全な位置で停止し、そこから徐行で進み、左右の確認ができる位置で再度停止し、安全が確認できてから発進する。安全確保のためには当然の手順です。 ここは日本なので、海外の基準を持ち出してきても意味がありませんよ。

0

ドライバーから左右が確認出来る位置ということは、シートより前の部分は完全にはみ出ているということです。 バンパーからシートの部分までは結構な長さが有ります。 ということは安全確認しようと思ったらもうぶつかっていたということもあり得るのです。 一時停止は、まずバンパーも含めて車の一部でもはみ出さないようにしなければ意味が有りません。 一時停止の意味はいきなり飛び出さない事であって、左右を確認する事ではないのです。 またいきなり飛び出さない事を走って来るクルマに伝えなきゃいけません。 だから少し手前で止まらなければ意味がないのです。