ID非公開

2021/4/12 22:20

77回答

作曲と編曲の違いって何ですか?

作詞、作曲 | 音楽28閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

本来、作曲は文字通り「作曲」です。 作曲家が作ったものがそっくりそのままリリースされているわけではないというのなら、その形に完成させたのは誰?というのが「編曲(家)」です。 本来、作曲家も作曲家である以上、そのまま人前に出せるものを完成させていなければ作曲家ではないでしょう。それを編曲家がヘルプして完成させているなら、本当は、「作曲と編曲が別の人の楽曲」と言うよりも(作曲が)「共作されたもの」「コライト」と呼ぶべきものです。 ピアノやギターの弾き語りで完成させているなら、ライブではそれをそのまま披露してもいいはずで、「骨格だけ作った」とかそういうことではありません。 でも、普通はバンドアレンジでリリースされているから、作曲はメンバーの誰か一人の名義で、編曲はバンド(全員)というような名義になります。 誰かがバンドスコアをひとりで書き上げたならもちろんその人が編曲者だし、実態はレコーディングバンドみんなで編曲したんだけど、名義はバンドリーダーひとりだけというようなこともあります(「ヘッドアレンジ」という)。

0

本来、みなさんのおっしゃるようなことなのですが、現状わかりやすく端的に言えば… 歌自体の部分を作るのが作曲で、伴奏(カラオケ)を作るのが編曲です。

0

全部一人でやる人は作曲と編曲の区別をしなくても良さそうなものだが、著作権を決定させるには区分けした方がいいらしい。 もし完成形を作曲とすると他人が使いにくい。使ってもらえないと二次使用料の印税も入らない。メロディを作曲、伴奏を編曲とすればメロディだけ使ってもらえて印税が入る。これは美味しい。

0

月並みな表現ですが 0から1を作り出すのが作曲で 1以上のものを100に近づけるのが編曲だと思います。 作曲の段階で、全パートなんとなく打ち込んだりして0から50まで作る人もいれば、極端な話でサビのメロのワンフレーズだけ考えてあとは編曲に任せる、というように0から1しか作らない場合もあると思います。(流石にその場合は作曲が連名になりそうではありますがw)