ID非公開

2021/4/13 0:02

77回答

「訴訟する。」は、脅迫にあたりますか?

法律相談24閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

「お前の不正を告発するぞ」と言った場合、真実の追究が目的ではなく、単に畏怖させる目的であれば脅迫罪は成立する(大判大正3年12月1日刑録20輯2303頁)。

0

時と場合によりますね。 誰でも訴訟する権利がありますから 「司法で判断してもらいましょう」という意味なら問題は無いです。 しかし何でもかんでも「訴訟する」と言っては実際に訴訟しないでいると 相手側は何時裁判所から訴状が届くか分からないので、安心して日常生活が 送れない状態では、脅迫と言われても仕方ありませんね。 実際に裁判官に「あなたは何度も訴えると言うけれど、相手側だって何時訴えられるか分からない状態では、日常生活に支障が出るので、いつまでに提訴するのか期限を切りなさい。それ以降は提訴しないと言いなさい。」と言われていました。 裁判は提訴されたら、対応ないと相手側の言い分を認めたことになりますので、法律や判例が幾らあろうが、結果は変わります。 知恵袋でもやたら、判例が判例が、最高裁で云々と言う方が居ますが、 それは参考例の過ぎません。訴訟の状況・条件がすべて同じではないからです。やってみなくちゃ分からないのが裁判です。

0

脅迫行為には該当しません。 弁護士と和解で合意ができなかったときには、弁護士は「裁判の法廷 で決着を付けましょう。訴訟も考えています。」と言われますね。