ID非公開

2021/4/13 4:21

22回答

CDのプレスとコピーの裏面の見た目の違いについて教えてください!

オーディオ17閲覧

ベストアンサー

0
画像

ID非公開

質問者

2021/4/13 17:16

ありがとうございます カタチはどちらも円盤ですが、 銀盤面は、家で焼くと黒っぽいところとキラキラなところに分かれますよね。 焼いた範囲が変色するというか。 業者がするコピーもこうなるのでしょうか、それとも余ったところがわからないように無効な書き込みでうまるんでしょうか。 焼いた範囲が変色 だと家で焼いたりしたのと見た目同じで安っぽいのではないかと思ってしまいました

その他の回答(1件)

0

>ライティングソフトでやくも、裏面は焼いたところだけドーナツになりますよね。 製品版はあなたが書いた通り、金型からのプレスです。 但し、中央の穴を開けるプレスの意味ではありません。 記録面の凹凸をプレスで作るから製品版をプレス盤と呼ぶのです。 CD-R/DVD-R/BD-R ライティングして記録した場合、レーザーでの科学反応で記録面の凹凸を作り出します。 読み出しには問題ないですが、プレスのような綺麗な凹凸にはなりません。 また組織変化での記録ですので、その後は環境で保管状態は変わります。 プレス盤も長期間、湿度の高い所、光に当て続けると良く無いですが、ライティングはその数倍、数十倍以上影響を受けます。 >自分でライティングソフトで焼くのはコピーと言わないのですか? 元と全く同じ状態にして焼く場合はコピーと言いますよ。 複製で初めてコピーという言葉が用いられるだけです。 オリジナル音楽CDやデータバックアップ目的の為なら、焼くという言葉の方が適切ですね。