回答(2件)

0

相国はもともとは「相邦」と呼ばれていて人臣の最高位でしたが、劉邦が漢を興して以降は忌諱のために邦と同じ意味の国が使われるようになりました。この頃の相邦(相国)は人臣の最高位たる宰相格、丞相がその下の副宰相格だったとも言われます。丞とは補佐する、助けるの意味を持つので、相邦の補佐という意味になりますね。前漢の相国を務めた蕭何、次いで曹参の功績を讃えるために相国の地位は事実上空席になり、それ以降は丞相が人臣の最高位=宰相格として在り続けました。 相邦(相国)は君主権力さえ干犯しかねない権威を持っていたとも言われますが、実際のそのような事例は私はちょっと思い浮かびません。せいぜい秦の相邦であった呂不韋がそんな感じだったかも、という程度ですね。後漢末に董卓が自ら相国を名乗った際には誰もがその不遜さと傲慢さに眉をひそめたと言いますから、その頃にはまだ相国の権威は生きていたと言えるでしょう。丞相の方でも後年は似たような状況になっていって、代表的なのは南宋の丞相を務めた秦檜です。主君たる皇帝の高宗でさえ秦檜には異を唱えられなかったとも言われています。 ということで、どちらも人臣の最高位という意味では同格と言っていいです。相邦と丞相が並立していた時代であれば相邦の方が上になります。

0

相国は元は相邦といい、劉邦が漢の皇帝になった時に邦の字を避けて相国となったもので、非常に権威も権勢も大きな職位でした。 一説には丞相は、相国の権威や権勢が大きすぎるために、相国を廃して職掌を縮小し設置した職位ともされます。 相国は一人のみ任命されましたが、丞相は左丞相・右丞相と2人置くのが制度化された時代もありました。 漢においては相国だった建国の功臣の蕭何・曹参が亡くなると、2人に匹敵する人物がいないとして相国を廃し、相国より格下の存在として丞相がおかれて政治を行いました。 日本では唐(中華)の職位を日本の官職の別名(これを唐名という)として呼び習わすことがありましたが、最高位の太政大臣を相国、左大臣を左丞相、右大臣を右丞相と呼んで、相国を格上とみなしていました。