男性の多くはバイクはかっこいいと感じるとおもうんですが女性の大半はバイクに興味がないのは 遺伝子学的、生体学に何が違うからなんでしょう?

バイク72閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

女性は身の保身から危険な物が嫌いな傾向があります。 あと、メカに弱いと言うことです。 バイク女子は男性の思考を持った人が多いですよね。

0

これは全く私の個人的な説にしか過ぎませんが、男女はまだヒトが動物に近かった頃から違う性質を持っていたと考えています。雑食に進化したヒトは、オスは生き物を狩り、メスは果実等を採取していたと思います。その為オスは動くものに敏感になり興味を示し、メスは食べ頃の果実を見分ける為に熟した果実の色、黄、橙、赤等に敏感になり興味を示す様になったと考えています。この性質が男が車やバイクに興味を示し、女が赤やピンクの色を好む性質に繋がっているのではないでしょうか。勿論その性質が男女全てに当てはまる分けでは無いですが、それは個々の性格の違いにしか過ぎません。昨今、何でもジェンダーとして片づけ、男女に違いは無いと云う風潮ですが、やはり根本には違いが有ると思いますよ。

1

発達心理学から2歳くらいから男は乗り物をかっこいいと認識するのに対して女は認識しないという研究結果出てるみたいですけど原因についてはわからない、もしくはなんらかの社会的要因の仮説など。 胎児期に男の方がテストステロンを浴びる量が多いのでその影響などとも言われてますがコレも確かとまでは言い切れないです。 生まれた時から?生まれてからの社会的要因?この線引きは赤ちゃんに質問することができないので判明は難しい

1人がナイス!しています

1

男性は狩猟脳で女性はコミュニケーション脳と言われます 古来狩りはオスの仕事で 未開の地を探索し確実に獲物を仕留めるために 方向感覚や空間認知能力、合理的論理的思考 メスは集落に残り繁殖するために 集団生活に適したコミュニケーション能力つまり 言語や表現、共感や感情表現といった能力を司る部分 また作業とそれらを同時に並列処理できる能力 がそれぞれ発達したといわれています (たとえば脳梁の太さなど具体的な差があるとも) 裏を返せばそれ以外の部分はそれぞれが 苦手な分野でもあるわけです クルマやバイクというのはつまるところ移動のためのものであり その操縦についてもオスが得意とするところの空間認知能力を 存分に発揮できるツールではあると思います 実際には脳構造に性差はないという意見もありますが そう当てはめて考えれば納得できる部分が多いのも確かですよね テレビみながら電話とかよくできるよなあとか どうやれば車庫入れこんな角度になるんだ?とか

1人がナイス!しています

3

後天的と思います。 お人形遊びとか、オモチャの自動車とか。

3人がナイス!しています