回答受付が終了しました

ピアノの練習方法を記しているウェブサイトがギターより明らかに少ないのはなぜだと考えられますか?

2人が共感しています

回答(6件)

0

ピアノは主にちびっ子の習い事の需要が高く、 一方ギターは中高生が、音楽に目覚めたりモテ要素として始めるケースが多いですから、 そういった需要から由来する結果だと思います。 また、ピアノは個別指導が重要となり、汎用の指導で収まらない部分があるからでしょう。 少なくとも金儲けがどうたらという下世話なものではないです。

0

> ピアノの練習方法を記しているウェブサイトがギターより明らかに少ないのはなぜだと考えられますか? 文章化するには、複雑過ぎて面倒だからでしょう。 > また、ピアノの練習方法を体系的に解説しているウェブサイトは存在しますか? 練習方法は無数に在り、それを体系化する事自体、無理な相談。長大な研究テーマにはなり得るだろうが、その正統性を証明する前に人生が終了してしまいそうだ。 逆に言えば、その種のサイトが存在しても、信じるに値するものか、大いに怪しい。

0

あとギターと違い練習方法なんて簡潔に固定したモノじゃない、 ジャンルによっても全く違うし同じジャンルの中ですら流派があって違う、しかも日本という国はお稽古ピアノさんがクラッシックを教室で習う、先生はその先生から受け継ぐというのがお決まりのようになっているから