新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/14 7:17

44回答

23卒ですがアプライドマテリアルズか東京エレクトロンの2社で迷ってます。

就職活動284閲覧

回答(4件)

0

難しいことはわからないのですが、考えても答えが出ないときは、まずは行動してみたら答えが出るのでは?と思いました。 具体的なやり方の例としては、その会社に実際に行ってみて感じてみて決めてもいいのかもしれません。

0

23卒ということはまだ内定はもらってらっしゃらないと思うので、企業研究をしつつ両社とも受けてみてはどうでしょうか。迷うといっても、両社とも受からなければ迷う意味がないので。

ID非公開

質問者2021/4/18 18:22

前科つかない限り行けると言われてます。

0

何れも今や再び需要増の半導体製造装置関連に属していますので、選択はご自由ですかね。 これから来年3月からの文系就活なら東京エレクトロンで海外営業、原材料調達、資金調達と運用の財務部門の3部門を経験されてから、転職2030年代に備えられたら如何でしょうか……!? 日本企業の方が、異動希望が通り易いですし、東京エレクトロンの海外戦略の学びや海外留学制度利用などで付加価値を付けるチャンスがあるからです。 他方、技術職なら、アプライドマテリアルズ選択で、アプリケーション・エンジニアとして、マーケティング戦略やマニュアルの作成ノウハウなどを学ぶチャンスがあり、外資系での体系的なオペレーション・マニュアルから作成ノウハウ〜運用迄学べる範囲が拡大され、更に、本社や欧米でのオペレーションにも異動出来るチャンスがあると思われます。 外資企業で働くデメリットとしては、直属のボスや戦略マネージャーが交代すると、時には、180度変更されて指令が発せられ、是迄やってきた経験やデータが引っくり返される事態もあり得るという嵐にも慣れていかなければならない点ですかね。外資系の仕事の進め方や俊敏なスピードに慣れてしまうと、中々転職で日本企業のスピードが時には、のろまに見えたり、現状維持の老齢化マネジメントが見え隠れする病巣が見通せる目と耳が養われてしまう皮肉なデメリットもあり、外資系を渡り歩く選択しかできなくなるなるかも知れませんね…! **************** ★2020年実績「有名企業への就職に強い大学」ランキング200 3年連続で東工大がトップ、理工系大が上位に 2020/09/12 安田 賢治 : 大学通信 常務取締役 情報調査・編集部ゼネラルマネージャー https://toyokeizai.net/articles/-/374593?display=b ★主要24大学「就職先」ランキング!東大生の就職先2位はアクセンチュア、1位は? 奥田由意  ライフ・社会 就活最前線 2020-03-12 04:00 https://diamond.jp/articles/-/228907

ID非公開

質問者2021/4/15 17:39

僕は東工大、英語にはめっぽう強く それを活かしたいと思いジャパンではなくシリコンバレーの本社への出向意思を伝えたところ難なく行けるとの事でした。いまはAMATに心惹かれてます

0

末尾1行だけに答えます。 常に事業所に利益を与え続ける存在になることが必要です。 そのため、エンプロイアビリティを喪失すると排斥されます。 いわゆる解雇ですね。

ID非公開

質問者2021/4/14 10:40

なるほど、ではマテリアルズ一択ですね。