ID非公開

2021/4/14 19:58

55回答

気候変動につきまして質問です。

補足

偏西風の蛇行による異常気象が近未来の小氷期への前触れという見解の元ネタはこちらです。 https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/174.html この見解を如何思われますか?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/14 20:32

異常気象をもたらす原因である偏西風の蛇行は、大体、何年周期で起きているのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いつも大変勉強となるご回答をありがとうございます。 これからも知恵袋上での貴殿のご健闘を祈ります。

お礼日時:4/19 18:14

その他の回答(4件)

0

温暖化原因は二酸化炭素です。 https://youtu.be/VGWzksHmP4w 日本政府のページ↑二酸化炭素が原因と解説してます。 どの国も同様に二酸化炭素と言って動画解説が出てます。 二酸化炭素は一万年以上留まるから深刻で、二酸化炭素削減しかありません。 更に一人っ子政策を世界中行うしかありません。 二酸化炭素をかなり減らすのは今でも実際できます。 電力会社を再生エネルギーをほぼメインにしてる会社に切り替える。どの家庭でも今直ぐに行えます。電気代が安くなったと喜んでる方もいます。 お風呂をガスを使ってる場合、お風呂を温める電熱せん(2万円位)を買って電気で温める。この方が半額でお湯が沸くと喜んでいる方もいます。お風呂だけでも日本の家庭部門二酸化炭素排出を約30%削減出来ます。 普段移動は、電動バイク等を使う、充電は、家の再生エネルギーで行う。 ゴミは全てリサイクルに出す。 これで、家庭部門はかなり削減と思われる。以外と日本人環境ならどなたも今直ぐに出来ます。 しかし、日本人が減らしても、二酸化炭素を出しすぎが原因なので、インドは増やすとか、中国が世界の30%出してるのが原因です。黄砂を見ても、そもそも温暖化で住めなくなるのはインドと中国なので、止めるように各政党問い合わせに皆さんが申すのが重要です。

この返信は削除されました

0

→ 僭越ながら、貴君ご意見には問題が見当たらないのですね?完璧でしょうか?何も言う事はありません!地球温暖化の、『問題点議論に関しては!』既に2012年7月時点の出版物にて、断言出来てるのですね?高橋洋一教授?は、かなりの天才なのでしょう!先週に発見した書物文書(参考書)なのですよ!これですね?これですよ!決まりです。

画像

(追記) 悪いんですけど!ですから!山田76?も、既に敗北状態ですよ!喫緊の課題が、『熱力学第2法則違反過程問題への、精密な厳密な論証実証提示!』なのですよね?ここが全く出来ないのです?ね?なあああああああんんでか?なああああああんんでか?それはね、『IPCCモデル仮説自体が似非科学なのだから!』ですよ!似非科学では説明不可能なモデル仮説なのですね?決まりですよ!お終いです。

0

気象学的なことはわかりませんが、海に温排水を流すと温室効果によって、海水の温度が上昇するのは、程度の問題はあるが、あたりまえでしょう? 原発ムラと政治家とIPCCとグレタちゃんと信じろうさんは信じられないでガッス。 ・K雲の

0

全部フェイクですよ。 >>CO2温暖化説はどうやら嘘であり、実際は単に、今の地球はかつてのローマ温暖期や中世温暖期と同じく、1000年周期で入る間氷期の中の温暖期にあるだけだそうですね。 現在は中世温暖期よりも気温は高く、日本の縄文時代にあたる完新世の気候最温暖期と同等の気温です。完新世の気候最温暖期の気温を既に超えている可能性もあります。 1000年周期というのは太陽活動の変動によるもので、活発期は1958年に終わっており、現在の気温の上昇は温室効果ガス濃度の上昇によるものです。 氷期間氷期のサイクルは数万~10万年周期です。 >>そして温暖期をもたらした太陽活動の極大期は2000年頃に終わっており、既に太陽活動は2015年頃から極小期に入っていて hiy5157(現クロップサイエンス)は、2000年までが活発だとして、2015年に寒冷化に入るという主張のために、 2000年までが活発だったと偽ったのです。2000年まで活発な状態だったというのが虚偽です。実際は1958年までです。 こんなのは調べれば分かることですよ。 >>14世紀半ばから19世紀半ばまでのような小氷期に突入するみたいですね。 地球は温室効果ガス濃度の高まりにより、熱を海洋に蓄えているため、今後太陽活動が不活発になっても小氷期の頃の気温まで戻るようなことはありえません。 クロップサイエンスは2015年から寒冷化が始まると主張しましたが、実際には2015年を境に気温のフェーズが上がったような状態で、上昇に転じています。 >>これまでの温暖化によって温められたままなので、温度の低い地上から放たれる熱と水温の高いままの海水から放たれる熱が、偏西風の蛇行をもたらしているそうです。 小氷期並みに気温が下がると言った記憶が消失してしまったのですか? 話を作っているために日本語になっていないのですよ。 >>実際の所、ここ数年の偏西風の蛇行による異常気象は、地球が再び小氷期に突入する前兆なのでしょうか? 寒波が局地的に南下しているのは北極の気温が上昇していることが要因では?温暖化の結果と思います。

ID非公開

質問者2021/4/14 21:17

>クロップサイエンスは2015年から寒冷化が始まると主張しましたが、 クロップサイエンスさんは、2030年頃から極小期のピークに入り、約15年遅れで2045年頃に1〜2度位気温が下がると仰っていますよ。