宅建業法と民法の規定の違いについて。宅建を勉強しています。

画像

資格 | 法律相談14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

特別法と一般法の関係ですから、特別法である宅建業法優先です。

0

判例の多さなど何の関係もありません。 特別法と一般法の関係です。 法律には重層構造があります。 憲法→民法→借地借家法→条例、の順に拘束力があります。このヒエラルキーは絶対で、判例の多さなど何の問題にもなりません。 簡単に言うと、大さっぱな決まり→細かい決まり、の順で効力をもちます。 例えば、今問題になっている夫婦同姓を強制する法律には従わなくてなりません。さらにその下位の法により、戸籍に登録しなければなりません。 戸籍法が民法に違反すると裁判所が判断すれば、法律は無効ですし、夫婦同姓を制度化する民法が憲法に違反すると最高裁が判断すれば、民法の夫婦同姓規範が違憲無効となります。 大きな法の目的に違反しなければ、小さな法律や決まりは有効です。その逆を裁判所が判断すれば無効です。