ID非公開

2021/4/15 9:46

1212回答

タイヤ空気圧を下げる方が燃費は落ちるがグリップはアップしますよね? 峠の走り屋は、空気圧は上げるのですか?下げるのですか?

自動車 | バイク215閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(11件)

0

上げてます。クローズコースを走る訳ではないので、タイヤの熱を保てないから圧を上げてタイヤを潰して内圧かけて発熱させます。 ダイレクトな手応えが好きならの話しではありますが! 後、場所や時間帯、季節にもよりますけど!

0

最近のバイクの設定空気圧は高めです。3キロ近い。 これだと峠道でのグリップにはやや不安です。ハイグリップタイヤなどを履いていれば余計です。 まあ規定値はタンデムで高速道路走行という最も空気圧が必要な状況で設定されてますから、ソロで峠道走るなら多少落としたほうがいいでしょう。 私は走り屋というわけではありませんがら高速で移動したあと、峠道に入る前にリア2.5くらいまで抜きます。 空気圧計などは私の仲間うちでは最低限の装備です。帰りに高速に乗る前にスタンドで規定値近くまで高くしています。 タイヤの接地感を感じられないレベルなら規定値にしておいたほうが無難でしょう。ただしグリップはタイヤの基本性能ほど出ませんから、決して無理をしないこと

0

聞いたことないです。4輪のドラッグレースなら効果あるみたいですが。 自分の好みで、滑りだすタイミングがわかるので、FF車でフロントヘビーなら高くしたい人もいるでしょうし。

0

空気圧を下げると接地面積が増える代わりにタイヤ剛性が落ちて腰砕け(不安定)になります。 それとグリップは面積だけではなく接地面圧も影響しますから、同じ車両で設置面積が大きくなると接地面圧が分散してしまって乾燥路面ではグリップが下がります。 雨などで路面抵抗が小さくなると面圧があっても滑るので面積が大きい方がグリップが高くなりますが、十分な路面抵抗がある場合には面圧が大きい方がグリップが高いです。 つまり質問の定義が最初から間違っているのでデメリットを回答する意味がないです。