回答(4件)

0

自分は数年前にうつ状態になり始めの頃、あなたと同じように 睡眠障害に悩まされました(眠れない、中途覚醒、早朝覚醒) ひょっとしたら体がブレーキを掛け始めてるのかもしれません 放っておかず、動けるうちに心療内科にかかることをお勧めします

0

もし、帰宅してから就寝するまでにお時間があるようでしたら、暖かいモノが中心の食事をゆっくり味わって、就寝の2時間前には入浴を済ませて下さい。 入浴中は爪の生え際のマッサージをするとリラックスモードに入れて、ストレス緩和にも繋がります。あ、これ薬指だけは逆効果になりますので避けて下さい。 あと、ストレスを解消するとなると、新聞紙に嫌いな上司の名前を書いて破り捨ててみてはどうでしょう? ちょっとは気が晴れるかもしれません。 名前だけじゃなくても、不満に思ってる出来事を文字に起こして破くのも効果的だと思います。 それでも睡眠の悩みが取れないのであれば、まずは市販されている睡眠導入剤を活用してみるのもアリだと思います。 市販されてるモノですと依存性も少なく、自然と眠れるようになれば自己判断で断薬する事も可能ですので、検討してみて下さい。

0

心療内科に行って、依存性や離脱症状の無いベルソムラという中途覚醒にある程度効果のある睡眠薬をもらってきては。 従来のベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりも作用の強さが弱くて即効性に欠ける面はありますが、中途覚醒しにくくしたり、中途覚醒しても再度寝やすくする効果はあります。 ベンゾジアゼピンと違い依存性や離脱症状が無いのでそういう意味で気軽に使えると思います。 またベルソムラを使いつつ、ベンゾジアゼピンは依存しない程度にたまに使えばこちらは効果は強いですし抗不安作用も少し兼ねているのでストレスからの不眠・中途覚醒には有効性があるかと思います。 あとはもう少し気楽なところでは酸棗仁湯という漢方もあり、これもある程度効きます。 強さはベンゾジアゼピン>ベルソムラ>酸棗仁湯、ですが、副作用なども右に行くほど少なめです。 ベンゾジアゼピンは以外は依存性とか離脱症状は無いですので、わりと気軽に使えます。