「オブラートに包んだ言い方」という言葉は、死語でしょうか? そして、そういう気遣いが日本人から消滅しましたか?

政治、社会問題 | 日本語34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

必ずしも気遣いとは言えないように思います。良くない意味で使う場合も多いからです。 似た表現で、 「奥歯に物が挟まった言い方」 というのがあります。こちらは現役でしで、良い意味では使いません。 今はあまり見かけなくなりましたが、私が子どもの頃は、オブラートはかなり一般的なものでした。チョコレートでもキャラメルでも和菓子でも、ちょっと高級なお菓子は、何でもオブラートで包まれてましたね。一緒に食べてしまっても害はありませんけど、そうすべきなのかどうか、子ども心にいつも悩んでいた記憶があります。

1

死語ではないと思います、オブラートの薬は減ったかもしれませんがまだまだ現役かと。 グローバル化に伴い欧米や欧州の合理的な考えが広がり、日本古来の奥ゆかしい婉曲的な表現よりも、わかりやすく効率的である直接的な表現を使う方が増えたので言葉的な気遣いは減りましたね。消滅はしてないですが。

1人がナイス!しています