回答(9件)

0

外国にあるインターナショナルスクールの卒業生は北米大学進学が多いのですが、日本の大学を選ぶ生徒もいます。昨今では英語による学位プログラムのある大学が増えていますから、そちらへ入学をします。 聞いたところによりますと、アメリカなどの大学を卒業しても就労ビザ取得が難しいことを知っているため、策略的に日本の大学へ行き日本(の外資系)で就労経歴を積み、欧米などの他国に行く、という計画も視野にあるそうです。日本人が考えるのと同じく他国で大学を卒業し就労すれば箔が付く、といった理由です。その為、日本での就労は一過性のものが多いのです(勿論、日本へ定住ということもありますが)。それと、母国よりも日本の方が就職しやすい、とも聞きました。