カセットテープ、カーステレオ、レーザーディスクはなぜなくなったのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変丁寧なコメントをありがとうございました。 また、文章がエッセイのように面白くて楽しい。見習いますね。

お礼日時:4/16 19:18

その他の回答(5件)

0

ウチはUSBメモリの音楽が聴けるカーステ付けてるけど・・・・

0

どれも便利な代替品ができたから なくなりました。 レーザーディスクだけはDVDの方が製造販売が楽だとか、販売者側の理由ですが。

0

カセットテープとカーステレオはまだ完全には無くなっていませんが、 レーザディスクはDVDの登場によって完全に販売されなくなっています。 ・カセットテープ まだまだ根強い需要があり、昔みたいな量ではありませんが、今も新品が 販売されています。但し、高性能テープの生産が少なくなっています。 一部のアーティストはテープでの楽曲提供もしています。 数量が少なくなったのはCDとCD-Rに取って変わったためです。 但し、マニアはCDの特性を超える一部のカセットデッキで録音再生を楽 しんでいます。 ・カーステレオ(車のオーディオ専用機) これは機種は少ないのですが、まだ生産しています。 今はbluetoothなどの機能が搭載されて利便性が良くなっています。 さらにカーナビにカーステレオの機能が付くようになっていますので、 特にこだわりが無い場合はカーステレオを選択しなくなったためと思 います。

0

カーステレオは呼び名がカーオーディオに変わりました。 カセットテープは現役です。 レーザーディスクは映像をアナログ記録するメディアだったので、デジタルのメディア(DVDやブルーレイ等)に変わりました。

1

カーステレオってメディアがbluetoothってだけで、まだ現役であると思うけど。レーザーディスクはDVDの登場によって、カセットは安価なCDRの登場によって消滅しました。恐竜の歴史と同じように進化によって淘汰されるものなのです

1人がナイス!しています