私立中学を受験するために小学校6年の3学期の1月は 学校を休むのは当たり前なのですか? クラスどころか学年で1人も中学受験をしなくて

中学受験 | 中学校102閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございました。

お礼日時:4/18 9:06

その他の回答(3件)

1

高校からじゃ遅いんです。高校受験はレベルが低く、高校入ってすぐに大学受験勉強開始。2年そこそこで満足な教育は受けれません。だからどんどん一貫化するのです。公立中学の3年間の勉強は、私立では1年そこそこで終わります。大学受験だけでなく、いろいろな勉強ができます。そのためには6年間が必要なのです。

1人がナイス!しています

2

子供のポテンシャルを阻害するような教育プログラムしか提供できない普通の公立中学校に足を引っ張られないためにも、私立中学は必須です。公立小学校レベルの授業で、簡単すぎて無駄な時間を過ごすのは無意味でしかないと判断されても仕方ありません。 実際に難関大学の合格率は、中高一貫校と一般公立高校では、何倍もの差が出ている現実もありますから。 何が良いかは答えは無いので、それぞれの家庭で判断すべきものと思いますよ。あなたの考えも休ませる家庭もどちらも間違えなんてありません。

2人がナイス!しています

1

教育に対して助成を絞りまくった結果が今の日本です。有名大卒でもパソコンも英語も使えない。 日本の教育の問題点に授業料、寄付金など学生からのカネに頼りすぎてるってのがある。だからお客様である学生を粗末に扱えないので大学が就職予備校なんて言われる。 受験戦争の低年齢化は受験戦争を経験した親が子供に受験の苦労をさせたくないからやることが多い。受験による学業の中断、受験のためだけの勉強という弊害もある 中高一貫校がすべて内部組のみってわけじゃないし、内部進学組は総じて偏差値が低いというのは一般常識なので別にいいと思う。 優秀な女子が少ないって考えはどうですかね・・・。

1人がナイス!しています