日本人は成人の90%が自動車の運転免許を取るそうですが、その理由は何ですか?

その他の回答(7件)

0

全国の市町村を人口順に並べると、8万人いれば上位20%に入れますし、全市町村の半数は2万5千人未満です。 国内のほとんどを占める小規模都市や町村では、公共交通機関は日常の足としては使いものにならないので、日常の足は自家用車です。 生活するために、車は必須です。 通勤すらままならないですから。 小規模都市や町村だけで、調査したら女性も9割以上免許を持っているでしょう。 国内のほとんどは、車は一家に一台ではなく、一人一台ですから。

首都圏(北関東除く)、大阪圏で人口の三分の一を占めているらしいですけど、それらの地域では車無くても移動は問題ないです。 さらに名古屋圏、福岡中心部なども含めると、4割強ぐらいが車は必需品ではない気が致します。 これらを鑑みると、取得率6割ぐらいが自然かと思います。

0

日本は車社会なので、仕事や私生活で車を運転する機会が往々にあります。 なので、18歳を超えると運転免許を取得する人が多いのだと思います。 生活する上で、必要だから取得する人が約75%居るというだけだと思います。 必要なくても取る人も居ますが、その事情は様々だと思います。