ID非公開

2021/4/18 12:27

33回答

毎日仏壇にお供えする水や供物の意味は何ですか。

宗教21閲覧

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。偶像崇拝の人間目線なわけですね。 皆さん分かりやすかったです。 ありがとうございました。

お礼日時:4/19 19:44

その他の回答(2件)

0

縄文時代から供物文化が日本にはあります。 器台(きだい)や着色器などの供物専用の土器や木の葉などに供物を盛って 神や霊に捧げた痕跡がみられます。 また世界最古の例はネアンデルタール人が数十万年前に亡くなった人に沢山の花を捧げた痕跡です。

画像
0

花、香、水の供養の意味で、仏への崇敬の念を表現しています。 例えば法華経には供養の功徳について何度も書かれているんですが、その表現の解釈として、本尊に花やお香、水を供えます。 本尊は感応道交の媒体で、神道で言えば依代で、仏の代わりです。 人も誰かにお祝いや感謝の気持ちとして花を渡すことがあるのと同じです。 大乗仏教ではブッダが神格化され、神様のように描かれています。 そんなブッダを仏として崇める時に、お供え物で感謝の気持ちを表しているということですね。 要は感謝や崇敬を目に見える形にしたのが水や花を供えることということです。