理系の大学生です。

読書 | 小説51閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

ネットで小説を読むべきと言う意見があってもそれを履行する必要はありません。 自らの能動的な行動で書店に立つべきです。 小説の中でフィクションに限って言えば絵空事です。現実に役に立ちゃしません。 ただ一定の人は脳内にその絵空事が展開され、取りつかれ、読んでいる間現実をしばし忘れているのです。昔の人は「血肉」と言ってましたが小説のエッセンスが残っていて、内容を忘れても脳内のどこかで生き続けている。私はそんな過去の亡霊に呼びさまされて、昔読んだ小説を突然思い出して読みます。 もちろん興味のない分野に無理して参入することもありません。何を読むかはその人の意のままで良いです。 小説家は理系の脳で出来ているので、理系の大学生のほうが読んでいる気がしますが

1人がナイス!しています

2

『知恵袋』とは思えない、まっとうな意見でびっくりするよ。 猫侍は『小説』が大好きだけど、感覚的には『漫画』読んでるのとかわらないです。 純粋に娯楽目的です。 おっしゃるとうり、他の媒体で事足ります。 ただ、その娯楽の中でも「活字」だからこそできる演出ってのもあって、そういうのに興味があれば、読んでみるのもいいと思いますよ。 例)『アルジャーノンに花束を』 ついでにいえば、ブルーバックスなど新書の類を読むほうが教養の足しにもなります。 ※猫侍はこういう書籍も、娯楽として読んでます。 ディーゼルエンジンの発明から発展の過程を書いた書籍とか、ワクワクして読めたもんな。 予備燃焼の過程を、予備燃焼室ではなくシリンダーヘッド部の凹みで代用するようになる部分なんて、素材の改良や加工技術の発達に加え、発想の転換があってのものじゃないですか、ドラマが感じられます。 (工学系の人じゃなかったら理解不能だと思うけど……) 考え方が変わるような意見をお求めのようですが…… 小説は、考え方を変えてまで読む必要ない というふうに考え方を変えた(戻した)ほうがいいと思います。 忘れてた……特定の女性(読書が趣味って子)を口説くために、その女性の好む作家を読む。これは言い寄る男の義務ですので必読でお願いしますよ。

2人がナイス!しています

2

生意気な言い方で恐縮ですが、小説は人生を、人間というものを教えてくれます。一日に何十ページも読む必要などありませんから、少しずつ、ゆっくり、じっくり読まれてみてはいかがでしょうか? これから小説を読まれるのでしたら、重松清など、特にお薦めです。 読むことに抵抗がなくなれば、もうこっちのものです。古典的名作も含め、いろいろ読まれてみてください。押しつけがましくて申し訳ございませんが、特に、 ・夏目漱石 ・国木田独歩 ・遠藤周作 ・三島由紀夫 などなど、お薦めです。

2人がナイス!しています