小保方晴子さんはなんで「あの日」で毎日新聞の須田記者を名指しで書いたのでしょうか?

その他の回答(1件)

0

当時、調査によって不正が確定し、STAP細胞を作れない(捏造していた)小保方氏は科学的に言い逃れができない状況であり、仮想敵を設定することで自分への批判や疑惑をそらそうとしたのではないでしょうか。 「あの日」の中では小保方氏は未熟だが一生懸命な若き研究者で周囲に陥れられたかのような設定、須田氏は仮想敵の一人としてマスコミや権威の象徴として書かれているのでは。 小保方氏は、小保方氏を信じやすい人たちは科学リテラシーが不十分で権威やマスコミに嫌悪を抱きやすい層であることを知っていて、そういった層が受け入れやすい筋立てにしたように感じます。 「あの日」に書かれた「強引な取材方法」に関して、須田氏はそのような取材はしていない証拠を「あの日」を出版した講談社に提示して反論したという後日談が、須田氏の著書である「捏造の科学者」(文春文庫版)に加筆されているようです。