ID非公開

2021/4/29 18:04

33回答

日本刀の購入を検討しているのですが、出来る限り強度が高いな刀を購入したいと考えております。

ミリタリー | 格闘技、武術全般62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

貴重なご意見ありがとうございました。 当方薩摩の流派を習っているもので、もし買うとしたら出来る限りの頑丈な刀を選びたく質問させて頂きましたが、一番詳しくご回答頂けましたのでベストアンサーとさせて頂きます。 こんな拙い質問にも関わらず皆様親身にご回答頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:5/6 23:42

その他の回答(2件)

0

すでにご存じかもしれませんが、現代の刀工では、斬れる刀を追求し続けた、初代「小林康宏」という刀匠が有名です。鎌倉、南北朝期の古刀を研究し、心鉄を用いない丸鍛え(一枚鍛え)に拘り、「斬鉄剣」と言われる刀を作り上げました。切れ味は、斬鉄剣と言われる通り、容易に鉄筋を切断できたと言われており、刀匠自身も自分が打った刀で鉄に切り込み、出来を試していたそうです。 身幅が広く、重ねが厚い刀は、確かに強度があると言えると思いますが、皮鉄が薄いと強度が弱いわけですから、身幅と重ねに、プラス製法と素材は強度を確保したいなら確認すべき事項です。 原則、新刀以降は、心鉄を用いた製法が主となっていますので、強度の点では劣ると言えると思います。またなぜか心鉄を用いる製法が刀剣の製法の基本のように伝わっていますが、これが実は正しくない、と指摘している刀匠、研究者が多くいることも事実です。 参考までに。

0

強度が高いって 何をするんですか? 身幅が広くて 重ねが厚くても 幕末に流行った勤皇刀なんかには ボロッと刃こぼれして ボキッと折れるとも謂われてます。 頑丈なのが欲しいなら 身幅は頃合い 重ねは程々 鎬が高い 柾目鍛えに直刃を焼いた大和伝の物でも探して下さい。