全日空機雫石衝突事故は、全日空機が自衛隊の訓練空域に不法に入り込んだために起きたというのはマジですか?

ベストアンサー

4
画像

4人がナイス!しています

その他の回答(8件)

1

嘘です、 民間航空路というのは空の高速道路で航空地図に設定されておりパイロットは航空管制に従って飛んでいます。 報告書では航空自衛隊の訓練空域の設定が甘かったことで民間航空路にまで及んでしまい接触事故を起こしてしまいました。 飛行教官は有罪となり訓練生は無罪です。

1人がナイス!しています

0

色々 調査した結果 本来の飛行ルートから大幅に逸れていたことが確認されています。 当時は より早く到着する事が争われた時代なので 主要路線では 飛行ルートのショートカットが横行してました。 ただし 自衛隊機も飛行訓練時に民間機をターゲットにしてました。つまりお互いに飛行ルートが外れたり ターゲットにされている事を承知してたんでしょうね。 千歳や伊丹など 今より短い時間で運行した事も有ったようですね。全日空は羽田沖事故でも 茨城から千葉にかけて飛行ルートを離れて低空で東京湾へ抜けて事故ってます。

2

千歳から羽田空港への航空路は南へ向かってほぼ真っ直ぐです。 飛行時間短縮のために経路を変えて飛んでいたなどとの訳の分からない 話しが良くされていますが、岩手上空で航空路を外れて飛べば 余計に時間が掛かるだけです。 航空路に自衛隊の訓練空域は有りませんのでいい加減な話です。 墜落した機体の部品が航空路から外れて落下していたためにそうした 話しが作られただけで、上空の気流の方向に流されてそうなったのだと言う 結論が出されています。 普通に考えればそうです。部品が真下に落ちる事は有り得ません。

2人がナイス!しています

0

当時の航空会社では到着時間の短縮競争をしており飛行時間短縮の為に航空路を逸脱して最短距離を飛行する事が行われていました。(航空管制は空港直近でしか行われて居ない状態でした。)早く目的地に到着すれば航空会社の宣伝にもなるのでスピードを上げて燃料を消費する寄りも近道をして燃料を節約して更に早く到着すれば一石二鳥だったのですよ!そして旅客機側も機外監視を怠って居たので自衛隊機が飛行しているのを発見していません。(自衛隊機のパイロットは最終的には無罪になっていますが事故後には逮捕されて懲戒免職になりました。)事故後には運輸省は全国を網羅した航空管制組織を整備していますし自衛隊側も訓練空域を海上に移動させています。航空基地から訓練空域までは飛行回廊まで設置しています。(訓練空域への往復に航空燃料を余計に消費する事になりました。)

1

逆です自衛隊機が民間機の空域に侵入したのです。 全日空機は空域のセンターから外れて飛んでいましたが、空域内を正しく飛んでいました。 センターから外れていた所を過大解釈されてデマが流れたのでしょう。

1人がナイス!しています