ID非公開

2021/5/1 13:46

44回答

終身保険の受取人変更について。 かんぽの普通終身保険をひとつ、保険料をすべて払い込み終わっているものがあります。

生命保険 | 税金93閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

誠に詳しい解説を誠にありがとうございます。相続税パターンは避けたい、と思いました。 皆さまのアドバイスすべて参考にさせて頂きます。 今後の皆さまのご活躍を祈念しております。時節柄、皆さまご自愛ください。

お礼日時:5/4 15:51

その他の回答(3件)

0

・この契約者を母→私、へ変更できますか? →できる ・もし契約者を母→私、へ変更できるとすると、贈与とかの問題を生じますか? →変更時点では贈与税は課せられないが、支払ったのは母であることに変わらないので、解約返戻金を質問者が受け取ると贈与税が課せられる 解約前に母が死亡すれば、母死亡時の解約返戻金を相続税の計算に含み、それを質問者が相続すると、以後はその保険料は質問者が支払ったとみなす その後に解約して質問者が解約返戻金を受け取ると、自分で支払った(とみなし)ものを自分で受け取るので所得税の対象となる ・受取人を私の妻へと変更できますか? →現時点でも可能だし、契約者の変更と同時またはそれ以降も可能 ・もし受取人を母→妻、へ変更できるとすると、贈与とかの問題を生じますか? →母が死亡前に質問者が死亡した場合には、母から妻への贈与となる

0

・契約者 母⇒私 可能です。お母さまが、証書、お母さまの免許証か保険証、あなたの 免許証等を持って窓口へいけば出来ます。(あなたの記入欄もあるので できれば一緒に行かれたほうがいいかな) ・受取人を私の妻へ 可能です。契約者が手続きします。 ・贈与とかの問題 少し話が難しくなりますが、贈与に関しては、お金を受け取った際に 発生するので、あなたの死亡時等になるかと思います。 この際保険会社は、税務署に ・旧契約者の保険料負担分 と ・新契約者の保険料負担分を通知するので すでに払い済なら 保険料負担者=母(旧契約者)、受取人=あなたの妻 ということで 贈与税の形態になりますよね。 あと不謹慎なお話で申し訳ありませんが、お母さまが、お亡くなりに なられた時に相続財産としてあなたに契約者変更をするということも できます。 一度、窓口で相談してみてください。 ただ窓口では、一般論ですかお話しできないので、突っ込んだお話は 役所かなんかの無料税務相談ででも聞かれたほうがいいと思います。