本日めでたく名二環が全線開通しました。

車、高速道路203閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

受益者負担は当然のことです。 今まで用地の都合上入り口でしかゲートを設けられず均一にせざるを得なかっただけです。 長い距離を走ればその分恩恵を受けられてるから相応の対価を支払うのは当然ですよね?

それは違いますね。 何故ならETCになって且つ上社から名古屋南が追加開通した時に料金体系が510円と610円の2種類となり、610円の該当のICでは一旦610円を払い510円区間しかそうしなかったら出口で払戻があります(ETCのみ) 名二環がまだ東名阪だった時はPちゃんさんの指摘通りですが名二環に名前が変わってから払戻が可能なわけですから追加も出来たはずです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

ID非公開

2021/5/1 18:52

とうとう首都圏・近畿圏のマネを始めたかと思うと腹立たしい。 関係者の自己満足も甚だしい(苦笑)

1

高速料金体系は対距離制に移行する風潮がありますね。これも時代の流れでしょう。 利用した距離に応じて対価を支払うのは、受益者負担の原則に合致し至極当然な事に思う。 今までが安かっただけと考えれば、妥当な通行料になったと考えられる。

1人がナイス!しています

ルートは分かると思いますが、伊勢道の松阪ICから松河戸まで東名阪で行くと107kmで約4150円、四日市JCから湾岸飛島経由で117kmで約3900円。 今日からの話です。 距離に応じて至極当然と仰いますがどう思います❓