回答受付が終了しました

軍艦島を見ていたら、ふと黄色いカナリアが炭鉱に連れていかれる本を読んだことを思い出しました。

本、雑誌251閲覧

回答(2件)

0

確か、オームの毒ガス工場突入の時のニュース映像でカナリアが映っていたのを覚えています。 良い声で鳴きますが、使われ方がよろしくないです。仕方ないですかね。

2

カナリアは、炭坑内で有毒ガスの発生を知るための報知器代わりに連れて行ったようです。人間より汚染に敏感なカナリアが騒げば、事故発生の可能性を疑うことができます。安上がりのガス漏れ警報器のような存在です。 色は関係ないと思いますが、黄色だと目立ちますね。

2人がナイス!しています

調べたら、カナリアは一酸化炭素などの無臭のガスにも敏感に反応するそうです。また、常にさえずりを奏でていたカナリアが、鳴き止んだ時、炭鉱夫たちが有毒ガスの危険を察知できたそうです。