ずっと昔から不思議でならないのですが、ドラクエの会心の一撃の威力は

補足

複数の方がおっしゃる通り、ドラクエの敵モンスターが 会心の一撃の時だけ守備力が0になるというゲーム設定に なっているのは分かります。私が納得できないのは、 なぜ会心の一撃の時に限って敵モンスターの守備力が 都合よく0になるという不自然極まりないゲーム設定が 作られたのかという疑問です。この疑問について、 ドラクエシリーズの作者である堀井雄二氏はもちろん 何の説明もしていませんから、本当に困ります……。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

単なる杓子定規な設定の説明だけでなく、良い意味でプレイヤーの想像力を深めてくれそうな興味深いご意見をどうもありがとうございました。

お礼日時:5/3 1:57

その他の回答(8件)

0

会心の一撃というよりも単なる相手の急所をついただけと思います。

0

会心の一撃だからです。 ゲームシステム的には、会心の一撃は「相手の守備力を無視するから」大ダメージを与えるものです。 ダメージ計算式の都合上、実際に威力が2倍になっている部分がありますが、多くの敵にはそこよりも「守備力を無視する」と言う部分が大きく影響しています。 その最も顕著な例がメタル系なだけです。 守備力を無視するんだから、相手の防御をすり抜けている訳です。 鎧を着ている相手だったらその隙間に入ったり、急所に当たったりしてるんでしょう。 はぐれメタルだって目と口があるんだから、そこにクリーンヒットすれば大ダメージになるでしょう。

0

物理攻撃に対しての耐性補正を無視する計算式になってるからでしょ。 > ドラクエの会心の一撃の威力は どう見ても通常攻撃の2~3倍程度であろうと考えられます。 そもそもこの前提が間違ってるって事に気付こうか。

> 私が納得できないのは、 なぜ会心の一撃の時に限って敵モンスターの守備力が 都合よく0になるという不自然極まりないゲーム設定が 作られたのかという疑問です。 いや、「一部分の守備力の弱い“弱点”を突いた」って解釈はできないの..? 学習障害とか発達障害とかあるでしょキミ。

0

他の方が数値的な理論や設定で回答してるので、違う視点で考えると。 メタル系は分厚い装甲(皮膚?)があるからダメージが通らない。 会心の一撃はその装甲をぶち破るから大ダメージになるのだと思います。

1

通常攻撃 (ダメージ) = (攻撃力)/2 - (守備力)/4 会心の一撃 (ダメージ) = (攻撃力) こちらの攻撃力が200、敵の守備力が100の場合のダメージ 通常: 75 会心: 200 こちらの攻撃力が200、敵の守備力が999の場合のダメージ 通常: 0 会心: 200

1人がナイス!しています

ソフトの設定でなく合理的説明というのがどのような回答を求めているのか不確かですが、上記のような数値的設定でないのでしょうか。 イメージで語れば、 通常時は防御テクニックに応じてダメージが軽減されているのに対して、会心時は相手によらず全てのパワーが伝達すると考えればいかがでしょうか。